映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

名古屋映画館革命を企てる男に密着したドキュメント「シネマ狂想曲」公開

141

愛知の映画館・シネマスコーレで副支配人を務める坪井篤史に密着したドキュメンタリー「シネマ狂想曲~名古屋映画館革命~」が11月4日より公開される。

本作は2月1日にメ~テレでオンエアされた自主制作のドキュメンタリー。このたび劇場版が制作され、東京・UPLINKほか全国での公開が決まった。シネマスコーレは映画監督の若松孝二が1983年に、名古屋駅西口で立ち上げたミニシアター。そこで働く坪井は“名古屋を映画で一番熱い地にしたい”と考え、 “名古屋映画館革命”という野望を企てている。本作は「アメカル」と銘打った映画の上映は一切せずに彼のトークだけで進行する映画祭や、映画監督・白石晃士とタッグを組んだ上映会「超次元絶叫システム」など多岐にわたる活動を行う坪井の姿を追った。

予告編には、坪井やシネマスコーレの魅力に惹かれた「フラッシュバックメモリーズ3D」の松江哲明、「婚前特急」の前田弘二、「劇場版 テレクラキャノンボール2013」のカンパニー松尾の姿も。また本作のナレーションは、俳優の竹中直人が担当している。

映画ナタリーをフォロー