大杉漣最後の主演作「教誨師」特報、玉置玲央や光石研ら演じる死刑囚が登場

949

2月21日に死去した大杉漣の最後の主演作「教誨師(きょうかいし)」。本作の特報映像がYouTubeで公開された。

「教誨師」ティザービジュアル

「教誨師」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

「教誨師」

「教誨師」

受刑者の道徳心の育成や精神の救済を行う教誨師・佐伯の苦悩や葛藤を描く本作。大杉は佐伯役のほかエグゼクティブプロデューサーも務め、監督と脚本は「ランニング・オン・エンプティ」の佐向大が担当した。

「教誨師」

「教誨師」

「教誨師」

「教誨師」

特報には、佐伯が長い廊下を歩くシーンを収録。さらに玉置玲央柿喰う客)、烏丸せつこ五頭岳夫小川登古舘寛治光石研演じる6人の死刑囚たちの姿も切り取られていく。

「教誨師」は10月6日より東京・有楽町スバル座ほか全国で順次公開。

※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)「教誨師」members