映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤浩市、綾野剛ら出演「64-ロクヨン-」前後編が地上波初放送

824

「64-ロクヨン- 後編」

「64-ロクヨン- 後編」

佐藤浩市が主演を務めた「64-ロクヨン-」前後編が、TBSで3月18日と19日に放送される。

横山秀夫の小説をもとにした「64-ロクヨン-」は、昭和64年に起きた未解決の誘拐殺人事件を軸に、佐藤演じる県警広報官・三上義信の葛藤を描く人間ドラマ。佐藤のほか綾野剛榮倉奈々瑛太三浦友和らがキャストに名を連ねた。

「64-ロクヨン-」が地上波で放送されるのはこれが初。監督を務めた瀬々敬久は「昭和の時代は地上波テレビ放送で映画を見て、興味を持つようになるのが少年たちの習いだった。たった7日間しかなかった昭和64年に思いを残し、今もこだわり続ける人々を描いたこの映画には、地上波放送がいちばん似合うのではないだろうか」とコメントを寄せている。

「64-ロクヨン-」前編

2018年3月18日(日)25:55~28:00
※関東ローカル

「64-ロクヨン-」後編

2018年3月19日(月)26:06~28:00
※関東ローカル

瀬々敬久 コメント

映画「64-ロクヨン-前編/後編」が初の地上波放送となる。僕らが子供の頃、それこそ昭和の時代は地上波テレビ放送で映画を見て、興味を持つようになるのが少年たちの習いだった。たった7日間しかなかった昭和64年に思いを残し、今もこだわり続ける人々を描いたこの映画には、地上波放送がいちばん似合うのではないだろうか。実際、僕自身が今からドキドキしながら、放送の日を待っている。まるで昭和の少年に戻ったように。

(c)2016映画「64」製作委員会

映画ナタリーをフォロー