映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐野勇斗が志尊淳の主演作「走れ!T校バスケット部」に出演、「苦戦しました」

1675

松崎洋による小説を志尊淳主演で映画化する「走れ!T校バスケット部」に、M!LKのメンバーとしても活動する佐野勇斗が出演することがわかった。

本作は、「今日、恋をはじめます」「ReLIFE リライフ」の古澤健が監督を務めた青春スポーツ映画。強豪校・白瑞(はくすい)高校のバスケ部でいじめに遭い、自主退学した主人公の田所陽一が、編入先の多田野(ただの)高校の弱小バスケ部で個性的なチームメイトと出会い、バスケットボールの楽しさを思い出していく。

「ミックス。」では卓球初心者ながら猛練習を重ね、卓球大会にも出演した佐野。書道6段、空手1級でサッカー経験者とさまざまなスキルを持つ佐野が今回演じたのは、チームのキャプテンで“3ポイントシュートの名手”でもある矢島俊介役だ。圧倒的な才能を持つ陽一にライバル心を抱きながらも、ともに苦難を乗り越え、もっとも理解し合う仲間になっていく。

志尊と同じく元バスケットボール日本代表の半田圭史のもとで猛特訓を受けた佐野は「同世代の方たちと共演できて、本当に楽しい現場でした! クランクインをする前からバスケットの練習をみんなでしていたので、撮影が始まる頃には本当に良いチームワークが出来上がっていて、現場でも役柄について意見を交わし合いながら、お互いを高めあえる存在でした」と述懐。そして「バスケットは初挑戦でした。俊介はキャプテンであり、3ポイントシュートの名手という高いスキルを必要とされる役柄だったので、すごく苦戦しました……最初はパスをうけるのも難しかったですが、実際にバスケットをやっている人達からも認めてもらえるように、必死に練習しました!」と明かしている。

「走れ!T校バスケット部」は、2018年秋に全国ロードショー。

佐野勇斗 コメント

同世代の方たちと共演できて、本当に楽しい現場でした! クランクインをする前からバスケットの練習をみんなでしていたので、撮影が始まる頃には本当に良いチームワークが出来上がっていて、現場でも役柄について意見を交わし合いながら、お互いを高めあえる存在でした。監督も僕たちの気持ちにすごく寄り添ってくださる方だったので、全員で作品を作り上げていっている感覚が楽しかったです! バスケットは初挑戦でした。俊介はキャプテンであり、3ポイントシュートの名手という高いスキルを必要とされる役柄だったので、すごく苦戦しました……最初はパスをうけるのも難しかったですが、実際にバスケットをやっている人達からも認めてもらえるように、必死に練習しました!
この映画は僕たちがリアルに挑戦したバスケットが見どころです!! 最後の試合のシーンでは何度失敗しても、みんなで励ましあって作り上げた、最高に素晴らしいシーンになっているので、ぜひ注目してください!

(c)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

映画ナタリーをフォロー