映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「孤狼の血」役所広司や松坂桃李のコメント到着「男たちよ、劇場に来い」

355

白石和彌の監督作「孤狼の血」の本ポスタービジュアルが解禁。あわせて役所広司松坂桃李らキャスト6人のコメントが到着した。

1988年、暴力団対策法が成立する以前の広島を舞台に、組織間の激しい抗争を描いた本作。役所が暴力団との癒着をうわさされる刑事・大上章吾、松坂が大上の部下である日岡秀一を演じている。

役所は「このご時世にこんな男臭い映画を作る。そこに東映の心意気を感じました」「かつて男たちはこうした映画を劇場で観ると、感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから『男たちよ、劇場に来い!』。そう願います」とコメント。

また松坂は「男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。一方でルールに沿った日岡の正義は、現代の倫理観の表れなのかもしれません。劇場の暗闇で血湧き肉躍るたくさんの“悪い事”が起こります。『自分の正義を貫くとは?』それを観客へと問いかける、あっという間の約2時間です」と語っている。

そのほかクラブのママ・高木里佳子役の真木よう子、全日本祖國救済同盟の代表で大上とは旧知の仲である瀧井銀次役のピエール瀧、五十子会の組長・五十子正平役の石橋蓮司、尾谷組の若頭・一之瀬守孝役の江口洋介によるコメントは下記の通り。

柚月裕子の同名小説を映画化した「孤狼の血」は、5月12日よりロードショー。

※「孤狼の血」はR15+指定作品

役所広司 コメント

ダーティーな刑事としてやくざと警察の間を奔走する大上の存在は、汚れた世の中の歪みの象徴なのかもしれません。このご時世にこんな男臭い映画を作る。そこに東映の心意気を感じました。この映画が若い方々や女性たちにどう伝わるのかは分かりませんが、男なら誰しも、たとえ普段は大人しくても、本当は心の奥底に「暴れたい」という野性を眠らせていると思います。かつて男たちはこうした映画を劇場で観ると、感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから「男たちよ、劇場に来い!」。そう願います。

松坂桃李 コメント

日岡は自分なりの正義を抱いて大上の後を付いていきます。上司と部下というコンビは、徐々にバディであり師や父のような関係性へと変わっていき、それに伴って日岡の正義も形を変えていきます。男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。一方でルールに沿った日岡の正義は、現代の倫理観の表れなのかもしれません。劇場の暗闇で血湧き肉躍るたくさんの“悪い事”が起こります。「自分の正義を貫くとは?」それを観客へと問いかける、あっという間の約2時間です。

真木よう子 コメント

里佳子はクラブのママという顔を通して呉原の裏世界に関わっています。そんな女性を演じるためには、ナンバーワンホステスとしての所作や喋りを身に付けなくてはと、自分なりに予習を積みました。周囲の男性たちからもメロメロになるという腕の掴み方などを教わりました(笑)。途中、里佳子は激しい一面も見せます。その或るシーンで私のテンションが上がってしまい、監督から「やり過ぎです」と抑えが入ったのは楽しい思い出でした(笑)。私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきたいですね。

ピエール瀧 コメント

この物語は話の裏側で「悪い人は悪いだけじゃない」し、「良い人も良いだけじゃない」ことを描いているので、実は画面に映っていない部分や行間に大事なことが隠れている感じがしました。こういう激しい映画は出るのも観るのも好きです。どうせ観るならエグい方がいいし、何らかの衝撃や感動、もしくは傷が残る方が、観る甲斐があるじゃないですか。白石監督にはこれからも好き勝手にやっていただきたいと思っています。

石橋蓮司 コメント

やくざ役は久し振りでしたが、慣れた領分なので楽しくやらせてもらいました。敵対する尾谷組や警察を相手に、「どういじめてやろうか」、「どう説得してしまおうか」と策を練るのは五十子を演じる醍醐味でしたね。僕ら役者はこうした映画の中で発散できますが、とかく今の日本において、どうも感情を激しく表に出す生き方は、やくざに限らず白い目で見られがちです。そのための鬱積が転じて、かえって突拍子もない犯罪が起こることだってある。そんな事態を招くぐらいなら、時にはこういった映画を観て、大いに発散していただきたいと思います。

江口洋介 コメント

初のやくざ役でしたが、映画や資料を通じて、一般常識では計り知れない裏社会の常識や、力で力を制するという哲学を自分なりに学んで臨みました。尾谷組は小さな組で、義理と人情と面子を重んじる。80年代という時代を背景に、そういう昔気質の組織の生き辛さと息苦しさの中から、一之瀬という男を手探りで組み立てていきました。昔のやくざ映画や警察映画とはまた違った、生々しい魅力を持った映画になりました。白石監督にとって、東映にとって、そして僕ら俳優にとって、新たな名刺代わりの一本として皆さんに届けば嬉しいですね。

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

映画ナタリーをフォロー