映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

染谷将太の演技に阿部寛「この若さで頼もしい」、「空海」完成報告で称賛

136

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」完成報告&大ヒット祈願イベントの様子。左から夢枕獏、火野正平、松坂慶子、染谷将太、阿部寛、チャン・ロンロン、チェン・カイコー。

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」完成報告&大ヒット祈願イベントの様子。左から夢枕獏、火野正平、松坂慶子、染谷将太、阿部寛、チャン・ロンロン、チェン・カイコー。

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」の完成報告&大ヒット祈願イベントが本日1月15日、東京・高野山東京別院にて開催され、キャストの染谷将太チャン・ロンロン火野正平松坂慶子阿部寛、監督のチェン・カイコー、原作者の夢枕獏が登壇した。

本作は、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶の空海が、詩人の白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る日中共同製作映画。染谷が空海、阿部が阿倍仲麻呂を演じる。

空海が開祖の高野山真言宗 総本山金剛峯寺の別院である会場で開催されたイベントでは、ヒットを願い祈祷を実施。その後マスコミによる囲み取材が行われ、染谷は「このような場所でイベントを行うことができてうれしいです。たき上げでの完成披露報告は初めてだったので興奮して鳥肌が立ちました」と火を使用した祈祷の感想を明かした。

演じるキャラクターの存在する時間軸が異なり、共演シーンはないという染谷と阿部。染谷は「阿部さんの目を通して、人間ドラマや愛といったドラマの根源が語られていくんですが、そのことに感動しました」、阿部は「染谷さんが気持ちよく引っ張ってくれている。この若さで空海を演じられるのは頼もしい」とそれぞれ作品を観た印象を語る。

東京ドーム約8個分の土地に建設されたセットに関して染谷は「どの建物もハリボテではなく、中に入っていてもしっかり作り込まれていました。その中で映画を作れるなんて幸せでした」と述懐。同じくセットについて阿部は「色彩豊かな空間が広がっていて、夢のような気持ちで現場に入れました」とコメントする。報道陣から空海の印象は変わったかを聞かれた染谷は「この映画における空海は、ユーモアがあって親しみやすかったです」と振り返った。

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」は、2月24日より全国ロードショー。映画ナタリーではこのあと行われるジャパンプレミアの様子もレポートする。

映画ナタリーをフォロー