映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「空海」染谷将太の“幻術”で阿部寛が宙に浮く「今がシャッターチャンス」

261

染谷将太(右)の幻術で宙に浮く阿部寛(左)。

染谷将太(右)の幻術で宙に浮く阿部寛(左)。

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」の公開直前イベントが本日2月14日に東京・東京国際フォーラムで行われ、キャストの染谷将太阿部寛が登壇した。

日本から遣唐使として異国を訪れる若き僧侶・空海が詩人の白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る本作。空海を演じた染谷は、5カ月間かけた中国での撮影を降り返り「初体験だらけでした。今の時代、誰も東京ドーム8個分のセットを6年かけて作ろうとは思わないですし」と本作のスケールの大きさに驚いたことを明かす。「1日5カット撮れればいいというぜいたくな撮影で、食事も3食豪華でおいしい中華料理」と笑みをこぼした。

阿倍仲麻呂役の阿部も「スケールが大きくセットも色鮮やか。映像で観たらCGだと思われてしまうのがもったいない」と太鼓判。また撮影についても「昼食がオーダー制だったことには驚きました。撮影が進むにつれて太っていって(笑)。最後は饅頭だけで10日間我慢して。しかしゆっくり芝居のことを考えながら撮影できましたね」と話す。染谷も「ホテルで台本とにらめっこの毎日でした。毎週日曜日が撮休で、そのときはゲームで息抜きしました」と語った。

イベントでは、映画にちなみ染谷が“幻術”を披露する場面も。まず染谷は器の中に入った米粒を、空海が日本に初めて持ち込んだと言われるせんべいに変化させ、「これ食うかい(空海)?」と得意げに語りかける。「台本に書いてあったから言ったダジャレです」と照れつつ、続いて水を注いでいる最中のコップを手放しで浮かす術を披露した。最後は椅子に座った阿部を浮かす大技に挑戦。椅子の上で胡坐をかく阿部は徐々に空中へ。念力を向ける染谷は、「今がシャッターチャンスです」と合図をし、会場を沸かせた。

夢枕獏の小説をチェン・カイコーが実写化した「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」は、2月24日より全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー