ヘマした部下はミンチに、「キングスマン」ジュリアン・ムーア演じる敵の映像公開

328

キングスマン:ゴールデン・サークル」の本編一部映像が、YouTubeにて公開された。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

大きなサイズで見る(全25件)

「キングスマン:ゴールデン・サークル」より、ジュリアン・ムーア演じるポピー。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」より、ジュリアン・ムーア演じるポピー。[拡大]

シリーズ第2弾にあたる本作は、イギリスのスパイ機関キングスマンがアメリカのスパイ組織ステイツマンと手を組み、共通の敵ゴールデン・サークルに立ち向かうアクション。前作に引き続きマシュー・ヴォーンがメガホンを取り、コリン・ファース、タロン・エジャトン、チャニング・テイタムらが出演した。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

「キングスマン:ゴールデン・サークル」[拡大]

この本編映像は、ジュリアン・ムーア演じる麻薬組織ゴールデン・サークルのボス、ポピーにスポットを当てたもの。1950年代のアメリカにこだわって作り上げられたアジト“ポピー・ランド”内のダイナーで、新しい部下のアンヘルやミスをした部下チャールズと会話するシーンが切り取られた。アンヘルに「チャールズはヘマをしたの。だからあなたが彼をミンチ機に突っ込んで」と話し、笑いながらミンチ機を起動させるポピー。チャールズは逃げようとするも、2匹のロボット犬やアンヘルに追い込まれてしまう。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

「キングスマン:ゴールデン・サークル」[拡大]

ポピーを“間違ったアメリカのスウィートハート”と称するヴォーンは、「愚かにならず、共感を呼び、本物と思えるような悪役の陰謀を考え出すのはとても大変だ。彼女は正しいか? 間違っているか? 彼女が望んでいることは筋が通っているが、そのやり方は適切ではないよね!」とコメント。またファース経由でオファーを受けたというムーアは「コリンからメールが来て、マシューが『キングスマン』の続編について私と話をしたいそうだと知らせてくれたの。前作はとても気に入ったし、すごく革新的でユーモラスだと思ったわ。ポピーはとても人間臭くて、魅力的で親しみやすいところがあるの。でも、悪役であることは確かよ。間違いなく社会病質者ね。この英国的なスパイ世界の中で、典型的なアメリカらしいアイデアをもてあそんでいる。そこがとてもいいと思ったわ」と話した。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」は、1月5日より東京・TOHOシネマズ 日劇ほか全国で公開される。

この記事の画像・動画(全25件)

関連記事

ジュリアン・ムーアのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation (c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キングスマン:ゴールデン・サークル / ジュリアン・ムーア / マシュー・ヴォーン / コリン・ファース の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。