映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「悪と仮面のルール」新木優子のインタビュー映像公開、聞き手&編集は監督自身

225

「悪と仮面のルール」より、新木優子演じる香織。

「悪と仮面のルール」より、新木優子演じる香織。

悪と仮面のルール」より、監督の中村哲平自ら手がけた新木優子のインタビューおよびメイキング映像が、YouTubeにて公開された。

中村文則の小説を玉木宏主演で映画化した本作は、思いを寄せる女性を救うため実父を殺害後、整形手術を受け別人として生きていく男・久喜文宏を主人公としたサスペンス。文宏役の玉木やヒロイン・香織役の新木のほか、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明も出演している。

この映像は、中村哲平が新木へインタビューを実施し、自身の手で編集したもの。本作を「ミステリーでもあり、ラブストーリーでもある」と説明する新木は、「セリフが1つでも抜けたり、自分の中で足したり、語尾を変えたりすると香織じゃなくなってしまう気がした」と台本上のセリフにこだわって演じたことを振り返る。さらに「観る人によって、世代によっても受け取り方や感じ方が変わると思うので、自分の感情がどこで揺さぶられるのかを楽しんでもらいたい」とコメントした。また映像内には、クランクアップ時に玉木と新木が握手する様子も収められている。

「悪と仮面のルール」は1月13日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)中村文則/講談社 (c)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画ナタリーをフォロー