映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

玉木宏「悪と仮面のルール」は“究極のラブストーリー”、試写会に新木優子や吉沢亮も

3329

「悪と仮面のルール」プレミア試写会の様子。

「悪と仮面のルール」プレミア試写会の様子。

悪と仮面のルール」のプレミア試写会が、本日12月12日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの玉木宏新木優子吉沢亮、監督の中村哲平、原作者の中村文則が登壇した。

本作は、思いを寄せる女性を救うため実父を殺害後、整形し別人として生きていく男・久喜文宏を主人公とした物語。玉木が文宏を演じ、新木はヒロインのホステス・香織、吉沢はテロリストグループ“JL”のメンバー伊藤に扮した。

玉木は文宏という人間について「表面的には悪役と言われがちですけど、純粋な悪ではない。悪の家系に生まれ、悪として育てられるんですけど、純粋な“邪”にはなりきれなかった。香織という女性に会って、彼女を守るために人を殺めて善悪の葛藤に揺れる。人間味あふれる主人公なんじゃないかと思います」と解説する。「香織を純粋に思う気持ちに突き動かされて、そのために整形して違う顔を手に入れる。考え方としてはシンプルです」と続け、「愛ですね」としみじみ述べた。

中村文則の大ファンだという吉沢は、「隣にいるのも緊張する」と顔をほころばせる。「中村先生の作品はほぼすべて読んでいて、『悪と仮面のルール』はその中でも好きな作品。自分が出させていただくと聞いたときは、本当にビビりました。めちゃめちゃうれしいけど、大好きな作品を壊すわけにはいかないっていうプレッシャーを勝手に感じていましたね」と話す。また無精ひげを生やして伊藤という役に挑んだことから「ひげを生やした役は初めてです。外見も含め、もともと好きだった原作から受けるインスピレーションを大事にしました」と思い入れを語った。

映画の感想を「本当に素晴らしかったです。原作者も幸せだなと強く思いました」と述べる中村文則は、「お客さんのために、僕よりも役者さんたちがしゃべったほうが……」と遠慮気味の様子。全身黒い服を着ていたことから、玉木に「今日は邪をイメージして黒に?」といじられると、「俳優の皆さんが主役なので、真っ黒で闇に紛れようと思ったんです!」と笑いを起こす。キャストについては「玉木さんは存在感がすごくて、表情も原作通り! 新木さんは全身からオーラが出てますよね。吉沢さんは作品にアクセントを付ける役。役柄によって顔や雰囲気が変わる、可能性の塊のような方」と絶賛する。中村哲平から「中村先生の、吉沢くんに対する第一印象が……(面白かった)」と振られると、「すごい顔面だなって思ったんです。こんな顔面があるんだ!って(笑)。玉木さんや新木さんにも思うんですけど、普通の人とは根本的に骨格が違うと思う」と出演者たちの整った外見に言及した。

文宏の香織への愛情について意見を求められた玉木は「文宏と香織のように1人の人を愛し続けるのは素敵な関係。そうあれたらいいなと思っています」と、新木は「女性は絶対、こういうふうに男性に守られたいと思うはず。これは究極なので、私生活にこんなケースは転がっていないですけど(笑)」とコメント。吉沢は「ちょっと病的ですよね?」と言いつつ、「その人のためなら人を殺すこともいとわない究極の愛って、奇跡ですよね。普通の人間では到達できない愛というか」と続け、玉木も「これは究極のラブストーリーなんだと思います」と賛同していた。

終盤には、本日京都・清水寺で今年の漢字“北”が発表されたことから、“玉木にとっての今年の漢字”を発表することに。“繋”と書かれたフリップを掲げた玉木は「1年半前に撮影して、ようやく公開を迎えます。僕らの作った世界とお客様をつなぐという意味でこの字にしました」と説明する。その流れで急に話を振られた吉沢が「作品は、皆さんに観てもらって“やっとこさ”完成するものだと思います。観てくれるお客さんは大切だなと思いますし、仕事で出会った人たちとのつながりも大切」と慌てて言うと、玉木たちは「やっとこさ(笑)」と笑っていた。

最後に玉木が「観終わったあとに、どこまでが理性で抑えられるものなのか、自分が命を懸けてでも守りたい人はいるか、想像させてくれる作品だと思います。138分、ゆっくりとご覧ください」と挨拶し、イベントを締めくくった。

「悪と仮面のルール」は1月13日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

関連する特集記事

「斉木楠雄のΨ難」吉沢亮×賀来賢人インタビューPR

(c)中村文則/講談社 (c)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画ナタリーをフォロー