中島健人「俺って歩くLOVEマシーン」、平祐奈らと「みせコド」完成披露に参加

279

未成年だけどコドモじゃない」の完成披露試写会が本日11月29日に東京・東京国際フォーラムで行われ、キャストの中島健人Sexy Zone)、平祐奈知念侑李Hey! Say! JUMP)、山本舞香、監督を務めた英勉が登壇した。

「未成年だけどコドモじゃない」完成披露試写会の様子。左から平祐奈、山本舞香。

「未成年だけどコドモじゃない」完成披露試写会の様子。左から平祐奈、山本舞香。

大きなサイズで見る(全14件)

平祐奈

平祐奈

水波風南の同名マンガをもとにした本作は、両親から“結婚”をプレゼントされた少女・折山香琳と、経済力を目的に香琳と結婚した鶴木尚の姿を描くラブストーリー。香琳を平、尚を中島が演じ、香琳の幼なじみで彼女に思いを寄せるリンリンこと海老名五十鈴に知念が扮した。ホワイトプレミアと銘打った本日のイベントは、ウエディングベルが会場に響きわたりスタート。客席の後方から姿を現した中島と知念の2人は、壇上に立つウエディングドレスをまとった平のもとへ駆け寄る。

中島健人と知念侑李の到着を待つ平祐奈。

中島健人と知念侑李の到着を待つ平祐奈。

中島は「皆さん、本日はお集まりいただき痛み入ります。今日はとても素敵な日になると思っております」と挨拶し、平は「今日はいい肉(11月29日)の日にも関わらず、お越しいただきありがとうございます!」と笑いを誘う。緊張した様子の知念は、「こんな盛大に登場することないので。ちょっとドキドキして体が固まっちゃってます」と笑顔を見せ、上下銀色のスーツが英と被ったことを自虐的に語った。

左から平祐奈、山本舞香。

左から平祐奈、山本舞香。

作品の感想を問われた中島が「思いっきり笑える本当に面白い作品。とにかくたくさんの人に観てほしい。早くここにいる花嫁たちにプレゼントしたいです」と1000人の観客にほほえむと、客席から悲鳴が。また平が「笑いとときめきがたくさん詰まっていて、(観ているときは)お尻が浮いていく感覚でした」と独特な表現をすると、中島が真顔で「無重力の状態ってことですか?」と問い詰める。平は「胸が弾みすぎてお尻が上がっていっちゃう。皆さんも気を付けて! お隣の人と腕を組んで観てください」と続けた。そして山本は「女の子が観てすごくワクワクドキドキする映画です。香琳のかわいさと、尚と五十鈴のかっこよさ。本当にヤバいです!」と作品をアピールする。

「未成年だけどコドモじゃない」完成披露試写会の様子。左から平祐奈、山本舞香。

「未成年だけどコドモじゃない」完成披露試写会の様子。左から平祐奈、山本舞香。

さらに香琳と尚の共演シーンについて、知念が「男の僕でもキュンとしちゃうシチュエーションがたくさんあって。本当に嫉妬ですよ」と語ると、中島は「リンリンにもカッコいいシーンが用意されているので、花嫁たち、楽しみにしてください」と観客に呼びかける。知念も遅れて「花嫁たち!」と発するが会場は静寂に包まれ、「すみません。僕もお客さんから『フーッ!』って言ってもらえるかなと思ったんですけど(笑)」とお茶目に語った。

イベントでは、中島と知念の2人が理想のプロポーズを披露する場面も。朝食のシチュエーションを想定した知念は、体を伸ばしながら眠たげな表情で「おはよう。今日は……卵焼きか、いいね。醤油取ってよ」と寸劇を始め、少し間を置き「結婚……しよっか」とプロポーズを見せつける。それを見た中島は「ねんちー(知念)の背中がすごく大きく感じた。ナチュラルで素敵ですね」と評す。

続いて中島も「あのさ、明日のデートどこ行く? いろいろ行きたいとこあるよね」と、あるシチュエーションを作り出す。そして「でも俺って、歩くLOVEマシーンって言われてるんだぜ」と昨日放送された音楽特番「べストアーティスト2017」でのモーニング娘。'17とのコラボに触れてファンを喜ばせ、「そんな俺だけど、もう恋人やめて俺と夫婦になってほしい。結婚してください」とプロポーズを披露した。

「未成年だけどコドモじゃない」は、12月23日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2017 「みせコド」製作委員会 (c)2012 水波風南/小学館