中島健人、平祐奈、知念侑李が「ブルゾン祐奈 with B」結成!?ファンの願い叶える

1372

未成年だけどコドモじゃない」の舞台挨拶が、本日12月24日に愛知・ミッドランドスクエア シネマで行われ、中島健人Sexy Zone)、平祐奈知念侑李Hey! Say! JUMP)が登壇した。

愛知・名古屋にて「未成年だけどコドモじゃない」の舞台挨拶に登壇した平祐奈。

愛知・名古屋にて「未成年だけどコドモじゃない」の舞台挨拶に登壇した平祐奈。

大きなサイズで見る(全3件)

平祐奈

平祐奈

本会場のほか、全国149スクリーンにて中継された舞台挨拶。中島は「メリークリスマスイブ! 朝の舞台挨拶で、まるで1日のデートの待ち合わせのようですね」と甘いセリフで呼びかけ、「今日はここ名古屋から皆さんを必ず温めます。名古屋では味噌煮込みうどんを楽しみにしていましたが、時間がなく食べられず残念でした。でも気付けば隣にねんちー(知念)がいたので、大丈夫です」と続ける。

知念は昨日12月23日にHey! Say! JUMPのコンサートの名古屋公演に参加していたため、本作の公開初日舞台挨拶を欠席した。そのため「やっと皆さんと一緒に公開の喜びを共有できてうれしいです」と心から述べ、「静岡に住んでいたことがあるので、名古屋によく来ていました。小さい頃、名古屋駅のデパートで洋服を買ったこともあります」と名古屋にまつわる思い出を明かす。平は「名古屋に来られて、でらうれしいです。名古屋の人は“なごや”かだなと思います(笑)」とお茶目に挨拶した。

本日はクリスマスイブということで、3人は「サンタさんへのお願い」を披露することに。知念は、またいつか2人と共演したいという思いを込めて「また一緒に……」と願いを発表した。続く平の願いは、姉・平愛梨のいるイタリアへ本作のキャストと一緒に行きたいということで「Italyに連れていって」。そして中島は「ねんちーと一緒に主題歌『White Love』を歌いたい」と願いを明かした。

また、去る12月22日の夜に1時間限定で本作の公式Twitterにてファンから募った「キャストへの願い」を叶えるコーナーも。キャスト陣は「中継先の年上大人女子へのクリスマスメッセージ」「“クリぼっち”のお嬢様・お坊ちゃまに胸キュンセリフ」「受験生への応援エール」「甘い言葉しりとり」といった願いに応えていった。最後は「3人でブルゾンちえみ with B」というリクエストを実践。知念が「平だけど」、中島が「愛梨じゃない」と言うと、平は「ブルゾン祐奈 with B」とバッチリ決めてみせ、名古屋と全国の観客を沸かせた。

水波風南の同名マンガを英勉が映画化した本作は、学校一のモテ男・鶴木尚、尚との結婚を両親からプレゼントされた折山香琳、香琳に思いを寄せる海老名五十鈴の三角関係を描くラブコメディ。中島が尚、平が香琳、知念が五十鈴をそれぞれ演じた。

この記事の画像(全3件)

関連記事

関連商品

リンク