映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

会いたかったで!中島健人と知念侑李が関西弁でキュンキュン対決、平祐奈も見守る

1225

大阪で「未成年だけどコドモじゃない」のサプライズ舞台挨拶に登壇した平祐奈。

大阪で「未成年だけどコドモじゃない」のサプライズ舞台挨拶に登壇した平祐奈。

未成年だけどコドモじゃない」に出演している中島健人Sexy Zone)、平祐奈知念侑李Hey! Say! JUMP)が、本日12月16日、大阪・TOHOシネマズ 梅田で行われた試写会に登壇した。

サプライズ登場で観客を驚かせた3人は、“みせコド”ポーズをしながら客席の間を通って壇上へ。中島は「ビックリしたやろ? かわええな! 一緒に“みせコド”ポーズもしてくれておおきに!」と呼びかけ、知念も「こんにちは。みんな素敵やね。ホンマに会いたかったで! 関西弁は得意。任せてや!」と大阪ならではの挨拶を披露する。

舞台挨拶では、大みそかに開催される紅白歌合戦になぞらえ、中島と知念の2人が「紅白キュンキュン対決!」に挑んだ。2人は「大みそかの道頓堀で女子が思わずときめくセリフ」というお題に対し、関西弁でセリフを披露することに。中島は「俺の彼女になってくれへんか?」、知念は「めっちゃ好きやねん」と答え、440人を超える観客を沸かせる。

観客のジャッジにより、僅差で中島が勝利。平は12月9日に来阪した際、天神橋筋商店街で購入したスカジャンを中島に贈呈する。そして敗れた知念にもトラ柄のTシャツをプレゼント。2人がその場で着用すると、客席から「似合ってる!」と歓声が上がった。

対決を終えた中島は「Sexy ZoneとHey! Say! JUMPは紅白にも出ますが、こちらの対決も素敵なものになりました」と感想を述べ、「ホンマに会えてうれしかった! 『みせコド』は絶対に心の奥に残る作品になるので、楽しんでほしいです」と観客に伝える。一方の知念は「掲げられたボードを見て期待しましたが、勝負には負けてしまい残念です。さすが健人」と中島を賞賛。兵庫出身の平は「中島さんの関西弁も知念さんの関西弁もカッコいいと思います」と評価し、「スカジャンは、中島さんに似合うだろうなと思って買ったのでよかったです」と打ち明けた。

水波風南の同名マンガを英勉が映画化した「未成年だけどコドモじゃない」は、両親から“結婚”をプレゼントされた少女・折山香琳と、経済力を目的に香琳と結婚した鶴木尚の姿を描くラブストーリー。12月23日より全国ロードショー。

(c)2017「みせコド」製作委員会 (c)2012 水波風南/小学館

映画ナタリーをフォロー