映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中島健人×平祐奈×知念侑李が「みせコド」鑑賞、“タク抱き”など新語飛び出す

1157

左から平祐奈、中島健人、知念侑李。

左から平祐奈、中島健人、知念侑李。

中島健人Sexy Zone)、平祐奈知念侑李Hey! Say! JUMP)の共演作「未成年だけどコドモじゃない」のBlu-ray / DVDが、7月4日に発売。このたび、その豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着した。

水波風南の同名マンガを「ヒロイン失格」の英勉が映画化した本作。学校一のモテ男・鶴木尚、尚との結婚を両親からプレゼントされた折山香琳、香琳に思いを寄せる海老名五十鈴の三角関係が描かれる。

収録のためひさびさに再会した3人は、まず近況を報告し合う。そして本編の上映が始まると「あ! 柱ドン出るよ」「ほら、タク抱き」「出た! ノールックコンコン」など劇中のシーン1つひとつに新たな名称を付け、ツッコミを入れながら観賞を楽しんだ。

本編が終わりエンディングが流れた際に、知念は「話したいことがたくさんあるから、話すほうに気がいきすぎてあまり映画を観ていなかったんじゃないか」と反省。中島は「映画館では3人で一緒に並んで観たとしても、こんなに話しながらは観られないからよかった」「あんなシリアスなシーンで笑ったの初めて!」と満足気に話し、平も「話したいことがたくさんあったから、こうやって3人で観て作品にツッコミを入れられてよかった」と同意の声を上げた。

Blu-ray / DVD豪華版の特典ディスクには、ビジュアルコメンタリーのほかにメイキングやイベント映像、公開特番「笑えてとろける!!最大級のラブコメディ『みせコド』誕生SP」が収録されている。さらに水波の撮影現場レポマンガなどが読めるブックレットも付属。なお豪華版を予約・購入すると、先着でオリジナルクリアポケットがプレゼントされる。

(c)2017 「みせコド」製作委員会 (c)2012 水波風南/小学館

映画ナタリーをフォロー