映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「美しい星」中国の日本映画イベントでOP作品に、橋本愛らの訪中も決定

188

12月1日から3日に中国の上海、深セン、昆明で開催される「2017 中国・日本新作映画上映会」。そのオープニング作品が「美しい星」、クロージング作品が「海辺のリア」に決定した。

「2017 中国・日本新作映画上映会」は日中国交正常化の45周年を記念する事業。「美しい星」は1日に上海で上映され、監督の吉田大八、キャストの橋本愛が登壇する。また、3日に深センで「海辺のリア」が上映される際には監督の小林政広、プロデューサーの宮川朋之が出席。クロージングセレモニーと上映後のQ&Aに参加する。

吉田は「30年来、念願の企画だった『美しい星』と共に、この貴重で有意義な上映会に参加できることが本当に嬉しいです」、橋本は「日本の新作映画の中でも地に足ついてぶっ飛んでいる映画『美しい星』で、この上映会の幕開けが出来ることにとてもときめいています」とそれぞれコメント。小林は「中国で『海辺のリア』が上映されること、とても栄に思っています。『春との旅』から始まった仲代達矢さんとの映画作りはこの作品で三作目となります。最高齢(多分)のアイドル映画を作ったつもりです。どうぞ、お楽しみください!」とメッセージを送っている。

このほかイベントでは「不能犯」「心が叫びたがってるんだ。」「ユリゴコロ」なども上映。「不能犯」の監督・白石晃士、「心が叫びたがってるんだ。」「ユリゴコロ」でメガホンを取った熊澤尚人が上海と深センを巡回して作品の魅力を伝える。

※深センのセンは土へんに川が正式表記

2017 中国・日本新作映画上映会

2017年12月1日(金)~3日(日)中国 上海、深セン、昆明
<上映作品>
「美しい星」
「海辺のリア」
南瓜とマヨネーズ
「心が叫びたがってるんだ。」
「ユリゴコロ」

覆面系ノイズ
「不能犯」
武曲 MUKOKU
彼らが本気で編むときは、

吉田大八 コメント

30年来、念願の企画だった「美しい星」と共に、この貴重で有意義な上映会に参加できることが本当に嬉しいです。中国での新しい観客の皆さんとの出会いを、心から楽しみにしています。

橋本愛 コメント

日本の新作映画の中でも地に足ついてぶっ飛んでいる映画「美しい星」で、この上映会の幕開けが出来ることにとてもときめいています。吉田監督は心が熱い上にとてもクレバーなので、いつも高度な作品を作っている印象です。その高度は相変わらず、かつユーモラスで、かっこよくて、爆発力のあるこの映画が私は大好きです。中国の皆様にとって、とんでもない体験となりますように。

小林政広 コメント

中国で「海辺のリア」が上映されること、とても光栄に思っています。
「春との旅」から始まった仲代達矢さんとの映画作りはこの作品で三作目となります。
最高齢(多分)のアイドル映画を作ったつもりです。どうぞ、お楽しみください!

映画ナタリーをフォロー