映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「鋼の錬金術師」山田涼介が博多へ、7000人に向け「バリうれしかー!」

120

「鋼の錬金術師」イルミネーションセレモニーイベントの様子。後列左から曽利文彦、本田翼、佐藤隆太。

「鋼の錬金術師」イルミネーションセレモニーイベントの様子。後列左から曽利文彦、本田翼、佐藤隆太。

鋼の錬金術師」のイルミネーションセレモニーイベントが11月27日に福岡・JR博多駅前広場にて行われ、キャストの山田涼介Hey! Say! JUMP)、本田翼佐藤隆太、監督の曽利文彦が出席した。

会場には約7000人が集結。山田は「こんなに集まってくれてバリうれしかー!」と博多弁で挨拶し、集まったファンの歓声を浴びる。続いて本田も「私、先ほどShinShinでラーメンを食べてきました。バリうまかー!」と博多弁でテンション高く述べ、佐藤は「来てくれてありがとうございます。ディーン(・フジオカ)さんじゃなくてごめんなさい(笑)」とお茶目に語った。

「鋼の錬金術師」のイメージカラーである赤が組み込まれたイルミネーションは、登壇者と観客によるカウントダウンの後に点灯。博多の夜を“ハガレン色”に染め上げた。山田は「これだけ多くの方と錬成できたのはすごくうれしいですね」と笑顔に。MCから「あなたの色です」と振られると、「はは(笑)。すごくきれいです。本当にうれしいです!」とイルミネーションを見つめた。

本作の見どころを聞かれた山田は「原作と違うところがあって『ここ、こうやって変えてきたか』と楽しめる作品になっています」とアピールし、「人が多いから気を付けて帰ってね」とファンに優しく呼びかける。曽利は「12月にぴったりなゴージャスな映画です。ぜひ劇場でご覧ください」とメッセージを送った。

「鋼の錬金術師」は12月1日より全国でロードショー。

なお映画「鋼の錬金術師」のTwitter公式アカウントでは、オリジナルのクラッチバックが当たるキャンペーンを実施中。詳細は以下、映画ナタリーの特集ページで確認を。

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー