映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東京コミコンで「鋼の錬金術師」コスプレ大会、山田涼介のサプライズ登場も

1061

東京コミコン2017で行われた「鋼の錬金術師」コスプレコンテストの様子。

東京コミコン2017で行われた「鋼の錬金術師」コスプレコンテストの様子。

鋼の錬金術師」のコスプレコンテストが本日12月2日、千葉・幕張メッセにて開催中の「東京コミックコンベンション 2017」で行われた。

実写映画「鋼の錬金術師」より、キャストの本田翼、監督の曽利文彦、衣装デザインを担当した西原梨恵、そしてアニメ版「鋼の錬金術師」で主人公のエドワード・エルリックに声を当てた朴ろ美が審査員として出席した同イベント。まず実写映画の感想を問われた朴は「改めて『鋼』って兄弟愛、絆がテーマの作品なんだと感じました。スクリーンの中にエドやアル、ウィンリィがいること自体がうれしかったですね」と語り、「もちろん実写を観たあとはアニメのほうも観ていただけると!」と付け加えた。

コンテストでは、映画の公式サイトから公募された全100組の中からファイナリストに選ばれたコスプレイヤー12組が順に登場し、ポージングを行っていく。エドとアルに扮した幼い兄弟のコスプレイヤーが登場すると、会場は和やかな雰囲気に。兄を無視し少しボーッとしている弟を見かねた朴は、エドの声色で「アル! アルー! アルー!」と呼びかける。またマスタングに扮する子供のコスプレイヤーを見るやいなや、朴が「もう『豆つぶドちび』とは言わせねーぞ!」と叫び、「指パッチンしてよ」と振る場面も。そのほかラスト、エンヴィー、ホークアイ、ヒューズといったキャラクターのコスプレをした人々が登壇した。

コンテストの結果、朴とのやり取りを見せたマスタングのコスプレイヤーがハガレン賞、精巧な作りで会場を驚かせたアルのコスプレイヤーがグランプリを獲得。本田が「今のお気持ちをお聞かせください」と優勝者に尋ねると、アルは「早くもとの体に戻りたいです……」と話し笑いを誘う。すかさず朴は「待ってろ! 取り戻してやっからな!」と呼びかけ会場を沸かせた。続いて実写版「鋼の錬金術師」で主演を務めた山田涼介Hey! Say! JUMP)がサプライズで登場し、賞品を手渡す場面も。グランプリのコスプレイヤーを前に山田は、「アル……」と感慨深げな表情を見せていた。

映画「鋼の錬金術師」は、全国で上映中。

※朴ろ美のろは王へんに路が正式表記

なお映画「鋼の錬金術師」のTwitter公式アカウントでは、オリジナルのクラッチバックが当たるキャンペーンを実施中。詳細は以下、映画ナタリーの特集ページで確認を。

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー