映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池松壮亮が坊主頭でTAMA映画賞に出席、黒沢清は作品賞獲得し「幸せな日」

665

第9回TAMA映画賞授賞式の様子。

第9回TAMA映画賞授賞式の様子。

第9回TAMA映画賞の授賞式が本日11月18日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀男優賞に輝いた池松壮亮、監督作が最優秀作品賞に選ばれた石井裕也黒沢清、特別賞に選ばれた「バンコクナイツ」の脚本家・相澤虎之助とキャストの川瀬陽太が出席した。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「続・深夜食堂」「デスノート Light up the NEW world」「永い言い訳」での活躍が評価された池松が坊主頭で登場すると、客席からは驚きの声が。池松は「自分にはこんな賞恐れ多くて坊主にしてきました」とはにかみ、会場を沸かせる。「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」について「個人的にこの作品には思い入れがありました。とても大好きな役と作品でこの賞をいただけたことをとてもうれしく思います」と感謝の気持ちを述べた池松は、「人の心に届かない映画を何本作っても正直同じなので、1本1本こだわってあきらめずにやっていきたいと思ってます」と思いを届けた。

幼な子われらに生まれ」「沈黙-サイレンス-」「淵に立つ」「新宿スワンII」の演技が評価され、同じく最優秀男優賞を受賞した浅野忠信はスケジュールの都合で欠席。プロデューサーの江守徹が浅野からのメッセージを代読し、「映画の中で信を演じさせてくれて、真の家族を演じさせてくださった共演者とスタッフ、何より三島(有紀子)監督に深く深く感謝致します。そして、私、浅野忠信を選んでくださったTAMA映画祭の皆様、本当に本当にありがとうございます」といった感謝の言葉を読み上げた。

監督作「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」で最優秀作品賞を獲得した石井は「感覚的に自由に作った映画を評価していただいてうれしいし、励みになります」と挨拶。本作に出演した池松について「僕にとって特別な存在で、人生賭けて大勝負しようと思うときにいてほしい」と語ると、池松は石井のことを「映画監督であり作家としても勝負される方はとても貴重ですし、すごく好きですね」と述べ、相思相愛ぶりを見せつけた。

監督作「散歩する侵略者」で最優秀作品賞に輝いた黒沢は「いくつかの映画祭で賞をいただいておりますが、ほとんどが監督賞などばかりで今回はやっと作品賞が獲れました。一等賞ですね。ずっと映画を撮り続けているとこんなに幸せな日が来るんだと思いました」と感激した様子を見せる。そして、「日本映画は俳優の力で持っていると思います。皆さん最大限の力を発揮してくれたので、こちらはカメラに収めるのが楽しくて仕方なかった」と述懐した。

特別賞は「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」の監督・湯浅政明およびスタッフ・キャスト一同、「バンコクナイツ」の監督・富田克也およびスタッフ・キャスト一同が受賞。湯浅は欠席し、プロデューサーの伊藤隼之介が代理で登壇した。富田は本作がフランス・パリで公開しているため現地におり、欠席。川瀬は「バンコクナイツ」の撮影を「現地で生きている人たちの中に僕たちが入っていくので搾取めいたように見えないよう気を付けました」と振り返り、相澤はスタッフも兼ねていたというタイのキャストたちにも受賞を伝えると述べた。

なお第27回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月26日にかけて多摩市内の各所で開催中。

※第9回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
土屋太鳳がTAMA映画賞で新進女優賞を獲得し涙、石橋静河は意気込み語る

間宮祥太朗と高杉真宙がTAMA映画賞で最優秀新進男優賞、土屋太鳳も笑顔

長澤まさみと満島ひかりがTAMA映画賞の最優秀女優賞に輝き、芝居への情熱語る

関連する特集記事

「夜明け告げるルーのうた」湯浅政明×高杉真宙インタビューPR

第9回TAMA映画賞 受賞結果

最優秀作品賞

散歩する侵略者」(黒沢清およびスタッフ・キャスト一同)
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(石井裕也およびスタッフ・キャスト一同)

特別賞

湯浅政明およびスタッフ・キャスト一同(「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」)
富田克也およびスタッフ・キャスト一同(「バンコクナイツ」)

最優秀男優賞

浅野忠信(「幼な子われらに生まれ」「沈黙-サイレンス-」「淵に立つ」「新宿スワンII」)
池松壮亮 (「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「続・深夜食堂」「デスノート Light up the NEW world」「永い言い訳」)

最優秀女優賞

満島ひかり (「海辺の生と死」「愚行録」)
長澤まさみ (「散歩する侵略者」「銀魂」「追憶」「金メダル男」)

最優秀新進男優賞

間宮祥太朗(「トリガール!」「帝一の國」「劇場版『お前はまだグンマを知らない』」」「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」)
高杉真宙(「逆光の頃」「散歩する侵略者」「トリガール!」「想影」「ReLIFE リライフ」「PとJK」)

最優秀新進女優賞

石橋静河(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「PARKS パークス」「密使と番人」)
土屋太鳳(「トリガール!」「PとJK」「兄に愛されすぎて困ってます」「金メダル男」)

最優秀新進監督賞

菊地健雄(「ハローグッバイ」「望郷」)
瀬田なつき(「PARKS パークス」)

映画ナタリーをフォロー