映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

間宮祥太朗と高杉真宙がTAMA映画賞で最優秀新進男優賞、土屋太鳳も笑顔

777

左から間宮祥太朗、土屋太鳳、高杉真宙。

左から間宮祥太朗、土屋太鳳、高杉真宙。

第9回TAMA映画賞の授賞式が本日11月18日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀新進男優賞に輝いた間宮祥太朗高杉真宙が出席した。

高杉は主演作「逆光の頃」や、侵略者を演じた「散歩する侵略者」などで同賞に輝いた。高杉は「皆さんの受賞を裏で見てて思ったんですけど、改めてもっとがんばらなきゃなと強く思いました」と思いを吐露。今年は6本の出演作が公開されたことについて「たくさんの映画でいろんな役をやらせていただいて、目まぐるしくて充実した楽しい日々でしたね」と述懐し、「もっと貪欲に成長していきたいなと思います」と意欲を語る。もともとはそこまで映画を観るタイプではなかったという高杉は「もっと自分が映画を愛していろんな人に愛されて、素敵な巡り合わせでいろんな映画に出たいなと思います」と抱負を述べた。

トリガール!」「帝一の國」など4作で評価され受賞を果たした間宮は、「ずっと映画少年で映画にいろんなことを教えていただいた。15歳で仕事を始めてから初めて賞をいただいて本当に幸せです」と喜びを語る。さらに、初主演作「全員死刑」が本日封切られたことに触れ「今日は僕にとってすごく幸せな日で、忘れられない日になります」と感慨深げに語った。

土屋太鳳と高杉と共演した「トリガール!」について間宮が「ともに受賞できてうれしく思います」と話すと、高杉と最優秀新進女優賞に輝いた土屋が再びステージの真ん中に登場し、3人が並ぶ。撮影現場について土屋は「今日エネルギーが必要だなと思うと、祥太朗のほうがすごいエネルギーだったのでついていこうと思ってました」、高杉は「みんな同い年くらいで一緒に作り上げている感じが強かったですね」とそれぞれ振り返った。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。なお第27回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月26日まで多摩市内の各所で開催。

※第9回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
土屋太鳳がTAMA映画賞で新進女優賞を獲得し涙、石橋静河は意気込み語る

長澤まさみと満島ひかりがTAMA映画賞の最優秀女優賞に輝き、芝居への情熱語る

池松壮亮が坊主頭でTAMA映画賞に出席、黒沢清は作品賞獲得し「幸せな日」

関連する特集記事

「銀魂」小栗旬×菅田将暉インタビューPR

映画ナタリーをフォロー