映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

長澤まさみと満島ひかりがTAMA映画賞の最優秀女優賞に輝き、芝居への情熱語る

770

長澤まさみ

長澤まさみ

第9回TAMA映画賞の授賞式が本日11月18日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀女優賞に輝いた長澤まさみ満島ひかりが出席した。

長澤は、黒沢清監督作「散歩する侵略者」や同名マンガを福田雄一が映画化した「銀魂」など4作品での演技が高く評価され受賞。「こんなにアットホームで温かい映画祭は初めてな気がします。この賞をいただけたことでお芝居をがんばっていきたいなという気持ちが強くなりました」と挨拶。「散歩する侵略者」で常に怒っている役を演じた日々を「毎日疲れ果ててました。人に何かを言うのはエネルギーを使うものなのだなと思いました」と述懐し、「人間として大切に持っていなければならない愛を感じさせられる作品でした」と語る。司会者にこれからの抱負を問われると「今までの積み重ねがこの先に生きていけばいいなと。観た方に価値を感じていただけるよう努力していかなければと思います」と真摯に述べた。

主演作「海辺の生と死」と妻夫木聡と共演した「愚行録」での受賞となった満島。第1回TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を受賞している満島が「1回目とは様子が違って、楽屋に置いてあったマカロンにも映画賞のマークが書いてあって余裕があるなあと」と明かすと、客席から笑いが起こる。鹿児島・奄美大島で撮影された「海辺の生と死」を「しゃべり言葉が生まれ育った場所に近かったので、東京弁よりはなじみがある言葉でした。島の言葉を使って撮影することで自分の心に近付いた言葉が吐けた」と振り返った。

映画ナタリーでは、同表彰式の様子を引き続きレポートする。なお第27回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月26日にかけて多摩市内の各所で開催中。

※第9回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
土屋太鳳がTAMA映画賞で新進女優賞を獲得し涙、石橋静河は意気込み語る

間宮祥太朗と高杉真宙がTAMA映画賞で最優秀新進男優賞、土屋太鳳も笑顔

池松壮亮が坊主頭でTAMA映画賞に出席、黒沢清は作品賞獲得し「幸せな日」

関連する特集記事

「銀魂」小栗旬×菅田将暉インタビューPR

映画ナタリーをフォロー