映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

哀川翔の次女・福地桃子主演「あまのがわ」全キャスト発表、柳喬之や杉本彩ら

109

哀川翔の次女・福地桃子の初主演作「あまのがわ」の全キャストが発表された。

本作で描かれるのは、教育に厳しい母親のもとで自分自身を見失っていた太鼓奏者の女子高生が、祖母の入院をきっかけに訪れた鹿児島・屋久島で新しい自分を発見していく物語。福地は、祖母から教わった太鼓演奏が大好きな主人公・琴浦史織を演じる。

そして種子島在住の天体マニア・鷲尾星空役で特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」の柳喬之が、その母親役で杉本彩が出演。屋久島在住の往診医・天野一彦に吉満寛人が、ペンションのオーナー・仮谷圭二にマツモトクラブが扮する。さらに住岡梨奈西田聖志郎、竪山博之、水之直哉、生田智子水野久美がキャストに名を連ねた。

監督を務めたのは、これが「ノー・ヴォイス」以来長編2作目となる古新舜。「この映画に、『失敗を恐れずに踏み出す勇気』の大切さをメッセージに込め、発信してまいります」とコメントしている。

11月1日に鹿児島市内でクランクインした本作。屋久島や種子島、東京・渋谷でも撮影を行い、2018年下半期に公開される予定だ。

古新舜 コメント

自分は学生時代、対人関係がとても苦手で、自分はなんてダメな人間なんだと思い込んでいました。大学卒業後、映画制作と出会い、仲間の大切さ、他者との協働のあり方を体感し、自分だからこそできることは何か?と考えるようになりました。
東日本大震災の際、福島県南相馬市でボランティア活動を行ったことをきっかけに、私たちの幸せとは、自分たちが囲まれている環境や自然、仲間を如何にみんなで愛せるか、だと感じました。前作「ノー・ヴォイス」はその視点を元に犬や猫と人間が共に幸せに生きる社会の実現に向け、大切なことは何かをメッセージに込めました。前作を作る過程で、様々な活動に勇気を持って挑戦している方々と接した時に、主体的に行動することの大切さをひしひしと感じました。そして自分自身、決められた人生のレールから外れたことが、現在の活動に繋がっていることを実感しました。
この映画に、「失敗を恐れずに踏み出す勇気」の大切さをメッセージに込め、発信してまいります。

映画ナタリーをフォロー