「探偵はBARにいる」第4弾は道頓堀舞台の「なにわ珍道中」?大泉洋が勝手に決定

886

探偵はBARにいる3」の公開記念イベントが、本日11月9日に大阪・道頓堀川にて開催され、キャストの大泉洋松田龍平北川景子が登壇した。

左から松田龍平、大泉洋、北川景子。

左から松田龍平、大泉洋、北川景子。

大きなサイズで見る(全6件)

「探偵はBARにいる3」ティザーポスタービジュアル

「探偵はBARにいる3」ティザーポスタービジュアル[拡大]

「探偵はBARにいる」シリーズは、東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズをもとにしたサスペンス。吉田照幸が監督を務めた今作では、大泉演じる探偵と松田扮する高田が、北川演じるモデル事務所のオーナー・マリに翻弄され大きな事件に巻き込まれていく。

「探偵はBARにいる3」公開記念イベントの様子。

「探偵はBARにいる3」公開記念イベントの様子。[拡大]

この日会場には、約5000人のファンが駆け付けた。大泉は、本シリーズの舞台が北海道・すすきのであることから「大阪の皆さんが北海道の(映画)を観に集まってくれたかと思うと、うれしさでいっぱいでございます」と感謝を述べる。松田と北川は、観客の熱狂ぶりに「この光景はなかなかないですよね。想像を絶しています」「さすが大阪ですね。私も関西出身なんですが、関西の熱気を感じます」とコメントした。

「探偵はBARにいる3」公開記念イベントの様子。

「探偵はBARにいる3」公開記念イベントの様子。[拡大]

作品の内容に関する話題では、大泉が「だいたい皆さん、僕がひどい目に遭っているのを観て笑うんです。今回、パンツ一丁で冬の北海道の海で船に縛られるのは寒かったですよ。2月の小樽の海はシャレにならなかったです」と過酷な撮影を振り返る。松田はワイヤーアクションに関して「迫力があるアクションになっていると思います。敵にやられるシーンも楽しかったです」と述懐。北川は「依頼人として2人のことを困らせるのはすごく楽しかったです」と笑った。

左から松田龍平、大泉洋、北川景子。

左から松田龍平、大泉洋、北川景子。[拡大]

最後の挨拶では、大泉が「北海道のすすきのを舞台にした映画ではありますが、大阪の皆様にもぜひ観ていただきたいと思っております。私はこの映画を『3』で終わらせる気はありません。そして、『4』の舞台を道頓堀にすると決めました。道頓堀を根城にする『探偵はBARにいる4 なにわ珍道中』という話にすると僕は思っていますが、プロデューサーがなんと言うかはわかりません!」と宣言した。

「探偵はBARにいる3」は12月1日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

大泉洋のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 探偵はBARにいる3 / 大泉洋 / 松田龍平 / 北川景子 / 吉田照幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。