「Mr.Long」チャン・チェン、東京国際映画祭でSABUとのタッグ実現に感謝

153

第30回東京国際映画祭の「Mr.Long/ミスター・ロン」上映記念トークイベントが、本日10月27日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のチャン・チェンと監督のSABUが登壇した。

左からチャン・チェン、SABU。

左からチャン・チェン、SABU。

大きなサイズで見る(全24件)

チャン・チェン

チャン・チェン[拡大]

「Mr.Long/ミスター・ロン」は台湾人の殺し屋ロンが日本での任務に失敗し、追われた先の村で徐々に人間らしさを取り戻していく姿を描いたバイオレンスドラマ。学ランのようなマオカラージャケットを着用して登場したチャン・チェンに対し、SABUは「中2のような……」とツッコミを入れて観客の笑いを誘う。

左からチャン・チェン、SABU。

左からチャン・チェン、SABU。[拡大]

2人が初めて出会ったのは、2005年のモントリオール国際映画祭。その後2015年にSABUが監督作「天の茶助」のキャンペーンで台湾へ行き、再会した際に本作への出演を打診したという。チャン・チェンは「ずっとSABU監督のファンで、作品は大体観ている。その中に自分のオールタイムベストに入る作品も何本かあるんです」と述べ、SABUとのタッグ実現への喜びをあらわにした。

SABU

SABU[拡大]

劇中ではロンがたまたま作った料理が村人の間で評判になり、牛肉麺の屋台を出すという展開に。SABUはチャン・チェンへの印象を「最初に会ったときからカッコいい。クールな殺し屋が似合うと思った」と述べ、「ナイフ使いというロンの役どころも、(人を殺す)マイナスの道具が人を喜ばせるプラスの道具に変われば面白いかなって」と説明する。MCから「日頃から料理はするんですか?」と聞かれたチャン・チェンは日本語で「たまに」と回答し、得意料理を尋ねられると「牛肉麺」と即答。しかしSABUから「この間は豚汁って言ってたけど?」とバラされると、「シーッ!」と指を口に当てる仕草をしてお茶目な一面をのぞかせた。

チャン・チェン

チャン・チェン[拡大]

撮影は約1年前に東京でも行われた。チャン・チェンは「僕が初めて参加した国際映画祭は、この東京国際映画祭。当時15歳で、日本に来たのもそれが初めて。だから東京も映画祭もとても印象深いです」と明かす。日本の撮影現場に関する質問には「映画の撮影はプロフェッショナルが参加しているので、どこのクルーでもそんなに大差ありません」と前置きし、「日本のスタッフの皆さんがいい空気を作ってくれたので、僕もすんなり現場に入れた。映画はスタッフの努力によって完成するものなので、この場を借りて感謝したいと思います」と真摯に述べて会場から拍手を巻き起こした。

「Mr.Long/ミスター・ロン」ポスタービジュアル (c)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA

「Mr.Long/ミスター・ロン」ポスタービジュアル (c)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA[拡大]

さらにトークは続き、ロンと行動をともにする少年を演じた子役の話題に。チャン・チェンは「彼の日本語は僕より上手でした。すごい役者ですが、子供なので感情がストレート。現場では、眠いときと怒ってるとき以外はいい子でしたよ(笑)」と笑顔で語る。するとSABUが「よく『子供好きなんです』とかポーズで言う役者さんもいますが、彼は全然そういうことがない。一度、子供を泣かせてましたからね(笑)」と再び暴露。「それぐらい(子供に対しても)本気で演じてましたよ」とフォローするSABUの言葉を受け、チャン・チェンは「たぶんプレッシャーを感じていたんでしょうね」と当時の心境を思い返していた。

「Mr.Long/ミスター・ロン」は、12月16日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

この記事の画像(全24件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

チャン・チェンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 MR.LONG/ミスター・ロン / チャン・チェン / SABU の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。