映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいが東京国際映画祭オープニングに集結

295

第30回東京国際映画祭オープニングセレモニーの様子。左から安藤サクラ、蒼井優。

第30回東京国際映画祭オープニングセレモニーの様子。左から安藤サクラ、蒼井優。

第30回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが本日10月25日、東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催され、特集企画「Japan Now部門 女優特集『銀幕のミューズたち』」に参加する安藤サクラ蒼井優満島ひかり宮崎あおいが登壇した。

Japan Now部門は、現在の日本を代表する作品を映画祭独自の視点でセレクトする企画。特集では安藤が出演した「かぞくのくに」と「0.5ミリ」、蒼井の出演作「花とアリス」と「家族はつらいよ2」、満島が出演した「愚行録」と「海辺の生と死」、宮崎の出演作「EUREKA(ユリイカ)」と「怒り」がスクリーンにかけられ、上映ごとにトークショーが行われる。

3人と同じステージに立っていることに対して安藤は「こんなふうにそろうことは今までなかった。特集のテーマが大きすぎて……何も考えずバカになって楽しんじゃえ!という気持ちでここに立っています」とコメント。満島は「私はここにいるみんなの演技が大好き。この中にいることが本当にうれしい」と喜びを明かす。

セレモニーの前にレッドカーペットイベントに参加したことに触れた宮崎は「活気があってお祭りに参加していることを改めて幸せに感じました。また、この3人と一緒にステージに立てていることを光栄に思います」と述懐。蒼井は「同世代の俳優にいつも勇気付けられています。この4人を使って映画を撮りたいと言ってくれる監督が現れたらいいな」と願望を語った。

自身らの特集企画が開かれることについて宮崎は「劇場では観られなかった映画を観ていただける貴重な機会」とアピール。3人への思いを聞かれた安藤は「この方々を観ながら育った。私にとって3人は同世代の俳優の開拓者」、満島は「映画の中で観て育った人たちがここにいて、その横に私がいるのが本当に幸せ」と返す。同じ質問に蒼井は「デビューした当初はあおいとよく仕事をしていた。そのあと、30代に入ってからサクラちゃん、ひかりちゃんと仕事をできるようになった。そして地道に1本1本やって来たらこういう場所で再会できた。それがとてもうれしいです」と述べ、笑顔を見せた。

セレモニーには、映画祭のアンバサダーを務める橋本環奈も登壇。4人の先輩女優に対して橋本は「皆さんが同学年というのがすごい! 私もこのような企画を組んでもらえるようにがんばっていきたいです」と女優としての抱負を語った。

第30回東京国際映画祭は、本日10月25日から11月3日まで東京・六本木ヒルズほかにて開催される。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー