映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

早見沙織、「はいからさんが通る」原作者・大和和紀の手紙に笑顔

174

早見沙織

早見沙織

本日10月10日、アニメ映画「劇場版 はいからさんが通る」2部作の主人公・花村紅緒役の早見沙織が、東京・弥生美術館で開催中の大和和紀の原画展「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」に来場した。

同展ではマンガ「はいからさんが通る」の原画とともに、大正から昭和初期にかけての女性文化を紹介。大和の初期作品や「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」といった代表作を含む、約200点の原画が公開されている。早見はトークに出席し、「気分が高揚しました。『はいからさん』の世界がさらに大きな形で目の前に広がっているのを目の当たりにして感動しました。何時間でもいられます」と原画展の感想を語った。

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は先日初号試写が行われたばかり。原作者の大和も鑑賞したようで、ワーナー ブラザース ジャパンのプロデューサー・松田章男が「先生から『役者の皆さんの演技がとても素晴らしかった。音響、音楽、美術が素敵で非常によかった』という感想をいただきました」と伝えると、早見は安心した表情に。そして「『はいからさん』の魅力は、ものすごくハッピーで快活に描かれるコメディ要素と、そこからガラッと変わって夢心地のときめきあふれるシーンに変わる絶妙なバランス。映画にもそのまま反映されていて、笑ったかと思えばドキドキしたり、いろんな気持ちを味わうことができました」と前編を観た感想を述べた。

さらに大和から早見に宛てた手紙が司会者により代読され、早見は笑顔で耳を傾ける。手紙の中で、大和は「私が普段描いているのは無音の世界。登場人物たちが声優さんの声の力で生き生きと立体的に動き始める驚きと感動。アニメーションは絵の力はもちろんのこと、その絵を生かす声優さんの肉声の力が大きいんだなと痛感しました」と映画の感想を伝え、さらに早見が演じる紅緒の魅力や、竹内まりやが作詞・作曲を手がけ早見が歌う主題歌「夢の果てまで」を絶賛。最後に「(早見の演技の)聴きどころは、やはり酒乱シーン。とてもコミカルで笑える演技なのに早見さんの持つ上品さを忘れていない」とつづった。

手紙が読み終えられると、早見は「うれしいです」と目を輝かせる。そして「共演者の方々みんなで一緒にアフレコしたので、合間に話すことも必然的に原作の話で。このシーンいいよね、このキャラ好きだなってみんなで語り合いながらアフレコできたのが映画のいい空気につながっているなと感じます」と語った。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は11月11日より全国ロードショー。「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は2018年公開予定だ。

※▽は白抜きハートマークが正式表記

「はいからさんが通る」展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~

開催中~2017年12月24日(日)東京都 弥生美術館
開館時間 10:00~17:00
料金:一般 900円 / 高校・大学生 800円 小・中学生 400円

映画ナタリーをフォロー