「はいからさん」早見沙織、宮野真守演じる陸軍少尉に「あふれ出る王子感」

248

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」の初日舞台挨拶が本日11月11日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの早見沙織櫻井孝宏梶裕貴が登壇した。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」初日舞台挨拶の様子。左から梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」初日舞台挨拶の様子。左から梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏。

大きなサイズで見る(全4件)

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」本ビジュアル

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」本ビジュアル[拡大]

本作は大和和紀のマンガを原作とするアニメーション。大正時代の東京を舞台に、おてんばなハイカラ娘・花村紅緒と、許婚である陸軍少尉・伊集院忍の波乱に満ちた恋が描かれる。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」初日舞台挨拶の様子。左から梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」初日舞台挨拶の様子。左から梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏。[拡大]

早見は自身が演じた紅緒について「喜怒哀楽のすべてをさらけ出している女性です」と説明。「紅緒さんが少尉と一緒にオペラを鑑賞しに行くシーンがあるんですが、モノローグで喜怒哀楽を表現していて。その変化が本当に速くて、3秒に1回くらい気持ちが切り替わるんですよ。とてもテンポがよく、ハマったときは爽快でした」と収録を振り返った。

紅緒に思いを寄せる蘭丸に声を当てた梶は「(蘭丸は)とてもかわいらしくて可憐なんです。紅緒さんに対しまっすぐな愛情を持っていて、1本筋の通った男らしい役でした」と回想する。また、紅緒が入社した出版社の編集長・青江冬星役の櫻井は「やっぱり髪の毛ですよね」と同キャラクターの特徴に触れ、「モノローグがあるので、表に出ている部分だけでなく心情の揺れ動きも感じることができます」と見どころを明かした。

同作には紅緒が酩酊するシーンが含まれている。早見は「きれいにかわいらしく、でも泥酔してるイメージで。本当に飲んでやるわけにはいかないですからね(笑)」と演技において意識したことを述懐。自分自身の酒にまつわるエピソードを聞かれると「うちの母がすごく酔っ払ったときに、家の床やお手洗いに向かって『ごめんなさい』と言うんです。私も酔っ払ったとき母親に介抱されながら『ごめんなさい』って」と語った。

またイベントでは、忍に息を吹き込んだ宮野真守からのメッセージが紹介された。宮野は、忍が紅緒と最初に会ったときに言う「はいからさん」というセリフが好きで、忘れられないことを明かす。早見は忍について「王子様というのを意識せずとも王子様。あふれ出る王子感」と述べ、観客の笑いを誘った。

なお「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は2018年に公開される予定。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

早見沙織のほかの記事

リンク

関連商品

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~ / 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~ / 早見沙織 / 梶裕貴 / 櫻井孝宏 / 宮野真守 / 大和和紀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。