「はいからさん」梶裕貴演じる蘭丸のメイド姿解禁、早見沙織と宮野真守のコメントも

105

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」より、梶裕貴演じる蘭丸を捉えた場面カットが到着した。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」より、梶裕貴が声を当てた蘭丸。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」より、梶裕貴が声を当てた蘭丸。

大きなサイズで見る(全29件)

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」本ビジュアル

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」本ビジュアル[拡大]

本作は大和和紀のマンガを原作とするアニメーション。大正時代の東京を舞台に、おてんばなじゃじゃ馬娘・花村紅緒と、許婚である陸軍少尉・伊集院忍の波乱に満ちた恋が描かれる。紅緒に早見沙織、忍に宮野真守が声を当てた。このたび公開されたカットは、紅緒に思いを寄せる幼なじみの蘭丸がメイド服に身を包んでいるもの。蘭丸は伊集院家に花嫁修業へ行ってしまった紅緒に会うため、メイドの“蘭子”として豪邸に潜入する。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」より、梶裕貴が声を当てた蘭丸。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」より、梶裕貴が声を当てた蘭丸。[拡大]

宮野は「原作を読んで、どうなるのか楽しみだったのが蘭丸です。梶くんの演技は最高でした!」「蘭丸のインパクトがすごいです!(笑) 蘭丸と蘭子がとにかく可愛い!!」と梶を絶賛。早見は梶の演技について「『自分の声よりも女性の声で喋ってる!』って(笑)。女子よりも女子の声になっていました」と振り返る。また宮野は、蘭丸の「もう~嫌っ!」というセリフがアフレコ現場で流行していたことも明かした。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」[拡大]

さらに本作を鑑賞した梶は「紅緒さんが可愛らしく、少尉が格好良かったです! 原作の時点で既に魅力的なキャラクターたちではありますが、早見さんと宮野さんのお芝居によって、より生き生きとフィルムの中で輝いているように感じました」とコメントを寄せている。

「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の古橋一浩が監督を務めた「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は、11月11日より全国ロードショー。「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は2018年に公開される予定だ。

梶裕貴 コメント

兎にも角にも……紅緒さんが可愛らしく、少尉が格好良かったです!
原作の時点で既に魅力的なキャラクターたちではありますが、早見さんと宮野さんのお芝居によって、より生き生きとフィルムの中で輝いているように感じました。
蘭丸としましては……凛々しくも可憐な彼が、とある事情により普段以上に可愛いらしく変身するシーンがあるので、そこが見どころのひとつなのかな、と思っています(笑)。
竹内まりやさん作詞・作曲、紅緒役の早見沙織さんが歌う主題歌「夢の果てまで」も必聴です。
最後の最後までご堪能ください!

この記事の画像・動画(全29件)

関連記事

梶裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~ / 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~ / 梶裕貴 / 早見沙織 / 宮野真守 / 古橋一浩 / 大和和紀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。