映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ナラタージュ」松本潤が有村架純の体当たり演技を絶賛「表情崩れる姿が共感誘う」

734

「ナラタージュ」試写会の様子。左から監督の行定勲、キャストの有村架純、坂口健太郎。

「ナラタージュ」試写会の様子。左から監督の行定勲、キャストの有村架純、坂口健太郎。

ナラタージュ」の試写会が本日9月27日に実施され、キャストの松本潤有村架純坂口健太郎、監督の行定勲が登壇した。

島本理生の同名小説を行定が映画化した本作は、教師と生徒という立場で出会った男女が時を経て再会し、禁断の恋に落ちていくさまを描いたラブストーリー。

黒いスーツと白シャツに蝶ネクタイで登場した松本が「葉山先生です」と挨拶すると観客から悲鳴にも似た叫び声が。松本は「明るいハッピーなラブストーリーではないので、どう受け取っていただけるかすごく興味があります。皆さんが恋愛していく中で何年か経って、こんな映画あったなって大事な記憶に残る作品になればいいなと思います」と述べる。

行定は鳴り止まない歓声を受けて「観終わったあとの歓声が聞いてみたい。3人の役者魂をひしと感じながら撮り上げた映画です」とコメント。松本は「観終わったあとは声を出したくなくなるんじゃないですかね。自分の中で芽生えた感情を大事に取っておきたくなるような」と続けた。

10年の構想を経て本作を完成させた行定は「メインキャストの3人は10年前ではあり得なかった組み合わせなので、10年かかったけどこの3人でよかった。作られるべきときに作られた作品って幸せなんですよ」「身近な感情を描く恋愛劇はキャスティングがすごく重要。嘘をつかないで演じてくれる人が必要なので、幸運だったなと思います」としみじみと述懐。

司会者に見どころを尋ねられた松本は「架純ちゃんの表情が崩れる姿ですね。体当たりで演じてる分、如実に感情の変化が出てる。そこに皆さんが共感されるんじゃないかなと思います」と語る。有村は「葉山先生に対して『なんなんだろうこの人』って思いもあった。憎しみはないけど……あるみたいな」と複雑な感情を吐露。坂口は「松本さんが本当に葉山先生で、“松本潤”じゃなかったんですよね。葉山先生としてそこに立っているのが、いろんなところで見え隠れしてて驚きました」と撮影を振り返った。

最後に松本は「苦くて傷付いて、恋愛ってなんなんだろうなという感情を掻き立てられる濃いラブストーリーに仕上がりました。たくさんの人に愛されてたくさんの人の心に残る映画になってくれたらうれしいです」とアピールし、イベントの幕を引いた。

「ナラタージュ」は10月7日より全国でロードショー。

(c)2017「ナラタージュ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー