映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「散歩する侵略者」スピンオフ、黒沢清が夏帆や染谷将太に「よくついてきてくれた」

116

「予兆 散歩する侵略者」完成披露舞台挨拶の様子。

「予兆 散歩する侵略者」完成披露舞台挨拶の様子。

ドラマ「予兆 散歩する侵略者」の完成披露舞台挨拶が、本日9月11日に東京・スペースFS汐留にて開催され、キャストの夏帆染谷将太、監督の黒沢清が登壇した。

黒沢と高橋洋が脚本を手がけた本作は、前川知大率いる劇団イキウメの演劇をもとにした映画「散歩する侵略者」のスピンオフドラマ。主人公の山際悦子を夏帆、夫の辰雄を染谷、辰雄が勤める病院の新任外科医・真壁司郎を東出昌大が演じている。

黒沢は、本作製作のきっかけを「映画版は前川さんの原作のおかげで豊かな要素が入ったものとしてできあがっている。でもこの設定をこれだけで終わらせるのはもったいないなと思ったんです」と説明し、「映画で描かれるある町の隣町では、同じ時間軸に何が起こっていたか。そういう発想でもう1本作れないだろうか、ということでトントントンと話が進みました」と続ける。

黒沢組初参加となる夏帆は、「ずっと憧れていて、黒沢組に参加するのが1つの目標でもあったので、初日は自分でもしっかりしよう!と思うほどフワフワしていて。緊張感はあるんですが萎縮してしまうようなものではなく、気持ちのいい現場でした」と感想を述べる。黒沢組は“テッペン(深夜0時)を超えない”健康的な現場と噂されているそうで、染谷が「晩飯が家で食べられる現場なので、最高でしたね」と言うと、黒沢は「社会人として当たり前ですよね。(夕方)6時くらいには終わるのが普通だと思います」と笑いを起こした。

主人公夫婦が住んでいるアパートのロケセットに関して、夏帆は「ちょうど気持ちのいい風が入ってきて、カーテンが揺れる感じもすごく好き」とコメント。カーテンが揺れている映像はほぼすべて自然の風によるものであることから、黒沢は「うまく風が吹いてくれるんです。第5話くらい、最後のほうには奇跡的なカーテンの芝居もあるんですが、偶然そうなって。ときには芝居を邪魔したり、助けてくれたり、カーテンが即興的に参加してくれた」と、カーテンの“演技”を絶賛した。

後半にはイベントを欠席した東出から、「皆さんの一番奪われたくない概念はなんですか? ちなみに僕は苦しみの概念です」という伝言が。それを聞いた染谷は「ストイックっていう意味なんですかね? あとでメールで聞いてみます」と笑う。質問に対して黒沢は「映画っていう概念は奪われたくないなと。それでお仕事しているので。でもさらに考えると、一度映画という概念を根こそぎ奪ってみてもらいたい。その状態で(リュミエール兄弟の)『工場の出口』なんて観たら、どう思うんだろう」と深く考え込む。染谷は「元も子もないですけど、人間っていう概念は奪われたくない」と、夏帆は「味覚。どれも取られたくないですけど、食べるのが好きなので」とそれぞれ答えた。

そして黒沢は、約3週間で5話分の撮影を乗り切ったキャスト3人へ「本当によくついてきてくれた。ノーマルな日常の延長だけで済まされるお芝居ではないので、かなりやりづらいことがあったはず。この短時間で、よくこんなに鬼気迫る演技を3人ともやってくれたなって思います。あっという間に頂点に達してくれたっていうのが僕の感想です」と感謝を述べた。

「予兆 散歩する侵略者」は、WOWOWメンバーズオンデマンドにて先行配信中。9月18日より、WOWOWプライムにて毎週月曜24時にオンエアされる。なお映画版「散歩する侵略者」は全国の劇場で上映中だ。

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー