エミール・クストリッツァ新作は「子供が見る夢みたい」、渡辺大知が魅力を分析

80

エミール・クストリッツァ監督作「オン・ザ・ミルキー・ロード」の試写会が、本日9月4日に東京・ユーロライブで行われ、渡辺大知黒猫チェルシー)が上映後のトークイベントに出席した。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」の試写会に出席した渡辺大知。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」の試写会に出席した渡辺大知。

大きなサイズで見る(全6件)

「オン・ザ・ミルキー・ロード」ポスタービジュアル

「オン・ザ・ミルキー・ロード」ポスタービジュアル[拡大]

戦争中のとある国を舞台とした本作は、ミルク運びの男コスタと、村一番の英雄の花嫁になるため現れた美女の逃避行を描いた物語。クストリッツァ自らコスタ役を務め、モニカ・ベルッチが美しき花嫁を演じた。

渡辺大知

渡辺大知[拡大]

本日2度目の鑑賞だったという渡辺は、クストリッツァのフィルモグラフィの中でも「めちゃくちゃシンプルになった」と本作を評し、「子供が見る夢みたいな、そういう奔放さがある作品でした」と感想を口にする。そしてクストリッツァがインタビューで「自分の映画には二度と出演しない。とても大変だった」と語っていたことに触れ、「そんなこと言いながら、この映画は自分が出るべきだとわかりながら(脚本を)書いたと思います」と予想。「映画って説得力が重要で、ストーリーを説明するにもいろんな伝え方がある。この映画はクストリッツァが出ているということがすべて。『俺が出る』ということで、(観客に)『わかれ』と。『顔の皺1つひとつで感じろ』と言われているようでした」と本作に対する持論を展開した。

渡辺大知

渡辺大知[拡大]

渡辺のクストリッツァ作品との出会いは、高校3年で大学受験のために上京した際、シンガーソングライターの堂島孝平から「アンダーグラウンド」のDVDを借りたことがきっかけだったという。そこから遡って「黒猫・白猫」を観たときには、「こんな映画があったらいいのに!と思っていた映画に出会えた」と感動が湧き上がったと振り返る。またクストリッツァ同様、自身もミュージシャン、俳優、映画監督とさまざまな面を持つ渡辺は、クストリッツァのクリエイティビティについて「人間って弱さと強さだったり、愛することと憎むことだったり、常に矛盾が伴っている。クストリッツァはそのどちらもフラットに描ける監督」と尊敬の念を吐露。「死と誕生も同じで、死の悲しみはあるけど、喜びもあるかもしれない。あらゆる感情をフラットに描ける感覚は自分も大事にしたい」と語った。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」

「オン・ザ・ミルキー・ロード」[拡大]

さらに渡辺は、映画監督としてのクストリッツァの魅力について「人を撮っているところ」と指摘する。「人を撮れば、おのずと街を撮ることになり、さらに国を撮ることにつながる。クストリッツァの作品にはそれを教えてくれてる感覚がある。“映画”を撮ろうとしてしまう監督もいるけれど、クストリッツァの場合、まず人がいる。そして人が生き生きと輝いてる瞬間を残そうとすると、必然的にストーリーが必要になってくる。そういう順番になっているのでは」と分析。「現実とファンタジーの狭間を撮ろうとしている監督ですよね。現実を撮ろうとするとファンタジーに見えたり、ファンタジーを撮ってるのに妙に生々しく感じたり……映画ってそういう力があるんだよと改めて教えてもらえる作品でした」と再び本作を絶賛した。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」は9月15日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかでロードショー。

この記事の画像(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

エミール・クストリッツァのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016 LOVE AND WAR LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 オン・ザ・ミルキー・ロード / エミール・クストリッツァ / 渡辺大知 / 黒猫チェルシー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。