映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

カンヌ映画祭特集、パルムドール含む過去の受賞作13本をWOWOWで放送

66

「ひつじ村の兄弟」 (c)2015 Netop Films, Hark Kvikmyndagerd, Profile Pictures

「ひつじ村の兄弟」 (c)2015 Netop Films, Hark Kvikmyndagerd, Profile Pictures

「ワールドシネマセレクション:カンヌ国際映画祭特集2017」と題した特集が、明日5月21日から27日にかけてWOWOWシネマで放送される。

これは現在開催中の第70回カンヌ国際映画祭にあわせ、過去の同映画祭でパルムドールを含む各賞に輝いた作品を放送するもの。ラインナップには、パルムドール作品を振り返る日本初公開のドキュメンタリー「カンヌ 伝説が生まれる街」、アイスランドを舞台に羊飼いの老兄弟を描いた第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門のグランプリ「ひつじ村の兄弟」、無名女優たちを5人姉妹役に迎えた青春映画「裸足の季節」、終末期の患者をケアする看護師の姿を描いた第68回カンヌ国際映画祭の脚本賞「或る終焉」など13作品が並ぶ。

そのほか「キャロル」「サウルの息子」「裁かれるは善人のみ」「ディーパンの闘い」「ロブスター」「岸辺の旅」などの放送も。詳細は公式サイトで確認してほしい。

ワールドシネマセレクション:カンヌ国際映画祭特集2017

WOWOWシネマ 2017年5月21日(日)~27日(土)
<放送作品>
「カンヌ 伝説が生まれる街」
「キャロル」
「ひつじ村の兄弟」
「サウルの息子」
「裁かれるは善人のみ」
「裸足の季節」
ティエリー・トグルドーの憂鬱
「ディーパンの闘い」
狼は暗闇の天使
「或る終焉」
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
「ロブスター」
「岸辺の旅」

映画ナタリーをフォロー