サウルの息子

サウルの息子

サウルノムスコ
SAUL FIA

2016年1月23日(土)公開 / 上映時間:107分 / 製作:2015年(ハンガリー) / 配給:ファインフィルムズ

(C)2015 Laokoon Filmgroup

解説 巨匠タル・ベーラに師事したハンガリーの新鋭、ネメシュ・ラースロー監督の才気がほどばしる長編デビュー作。同胞の遺体処理に従事したゾンダーコマンドのユダヤ人男性を主人公に、ホロコーストの現実をリアルに描き上げる。第68回カンヌ映画祭では見事にグランプリを獲得。その新人とは思えない骨太の演出と撮影手法に驚かされる注目作だ。

ストーリー 1944年、アウシュヴィッツのビルケナウ収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルは同胞の屍体処理に従事する特殊部隊の仕事に就く。ある日、彼はガス室でまだ息のある息子に似た少年を発見。あえなく少年は処刑されるが、サウルは手厚く埋葬しようと心に誓う。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ネメシュ・ラースロー

キャスト

サウル:ルーリグ・ゲーザ
アブラハム:モルナール・レヴェンテ
ビーダーマン:ユルス・レチン
顎髭の男:トッド・シャルモン
医者:ジョーテール・シャーンドル
アミタイ・ケダー
イエジィ・ヴォルチャク

サウルの息子の画像