ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

ホワイトゴッドショウジョトイヌノラプソディ
FEHER ISTEN

2015年11月21日(土)公開[PG-12] / 上映時間:119分 / 製作:2014年(ハンガリー=独=スウェーデン) / 配給:シンカ

2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

解説 今年のカンヌ映画祭・ある視点部門でグランプリの栄冠を射止めた、オリジナリティあふれるドラマ。ワケありで捨てられた飼い犬の行方を追い続ける少女の奔走と、捨て犬たちの人間への反乱をスリリングに描き出す。250匹以上の犬への演出が評価され、カンヌではパルムドッグ賞を併せて受賞。物語に込められた、痛烈な社会風刺にも注目したい。

ストーリー 雑種犬に重税を課す悪法が敷かれたとある町。税のせいで父に飼い犬ハーゲンを捨てられた13歳の少女リリは、街中を必死に探し回る。その頃、安住の地を求めるハーゲンは施設で虐げられた犬たちと出会い、彼らを引き連れて身勝手な人間に対して反乱を起こす。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:コーネル・ムンドルッツォ

キャスト

リリ:ジョーフィア・プショッタ
ダニエル:シャーンドル・ジョーテール
音楽教師:ラースロー・ガールフィ
エルザ:リリ・ホルヴァート

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)の画像