映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

のんが「ナレーションどんと来いです!」、スターチャンネル映画予告編大賞

119

「スターチャンネル映画予告編大賞」授賞式の様子。左からLiLiCo、のん。

「スターチャンネル映画予告編大賞」授賞式の様子。左からLiLiCo、のん。

3月29日、東京・表参道ヒルズ スペース オーにて「スターチャンネル映画予告編大賞」の授賞式が行われ、スペシャルプレゼンターとして女優・のんが登壇した。

今回が初開催となる本イベントには、2016年に劇場公開された映画の予告編から50作品がエントリー。グランプリにオランダ映画「孤独のススメ」、準グランプリに「レヴェナント:蘇えりし者」と「キャロル」が輝いた。

印象に残っている予告編を聞かれたのんは「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」を挙げる。「熱やパワーが伝わってきて、それが今の自分たちの時代にないもののような気がして、どんな感じなんだろうとすごく観たくなりました。実際に映画を鑑賞させていただいて、予感した熱とかカッコよさが存分に感じられて痺れた」と興奮気味に語った。

さらに審査員として参加した映画コメンテーターのLiLiCoが「今日この会場に来ている人たちはお仕事をくれる人たちなのよ。どんなナレーションでもできるわよね?」とのんに振ると「どんと来いです!」と返し会場を沸かせた。続いて映画ファン賞に輝いた「ドント・ブリーズ」の予告編を観た感想としてのんは「設定のキャッチさ、怖さがダイレクトに映像から伝わってきた。予告編に映る攻防だけじゃなくて、ほかにどんなシーンがあるんだろうって想像させられた」とコメント。

式の最後には、のんと記念撮影ができるプレゼント企画も行われ、終始笑顔を見せたのんだった。

映画ナタリーをフォロー