映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

“もっとも映画が観たくなる”予告編大賞、第2回グランプリは「エル ELLE」

50

「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」授賞式の様子。

「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」授賞式の様子。

「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」にて、ポール・ヴァーホーヴェンの監督作「エル ELLE」がグランプリに輝いた。

「映画予告編大賞」は、“もっとも映画が観たくなる”予告編を選出する催し。第2回となる今年は、洋画部門だけでなく邦画部門も追加された。2017年に劇場公開された映画の予告編の中から、主要配給会社19社の選りすぐり77本がエントリー。本日3月29日、東京・スペースFS汐留にて開催された授賞式で結果が発表された。

グランプリに輝いた「エル ELLE」について、審査委員長のウィリアム・アイアトンは「使用しているシーンが多いが、その刻み方がいい。視聴者にあらゆる想像をさせ、非常にドキドキする予告編で、映画館に足を運びたくなる」とコメント。準グランプリとなった「ワイルド・スピード ICE BREAK」に関しては、審査員のLiLiCoが「いいシーンを見せるが、見せすぎているわけではない。秀逸で、すごく楽しい予告編だと思います。審査の際、あの戸田奈津子さんを唸らせたというのが非常に素晴らしかった」と話した。そのほかWeb投票によって決まる映画ファン賞は「美女と野獣」「銀魂」が、優秀賞には「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」が受賞した。

また授賞式には、スペシャルプレゼンターの陣内孝則も参加。「幸福のアリバイ~Picture~」などで監督業もこなす陣内は「予告編は劇場に足を運ぶたびに観ており、楽しみにしている。映画のヒットを左右するといっても過言ではない予告編は、監督の立場としても非常に重要だと考えているので、今回プレゼンターに選んでいただいて非常に光栄です」と挨拶した。

なおスターチャンネルの公式サイトでは、エントリーされた全77本の予告編を配信中。

「第2回 BS10 スターチャンネル映画予告編大賞」受賞結果

グランプリ

「エル ELLE」

準グランプリ

「ワイルド・スピード ICE BREAK」

映画ファン賞 洋画部門

「美女と野獣」

映画ファン賞 邦画部門

「銀魂」

洋画優秀賞

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」

邦画優秀賞

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」

映画ナタリーをフォロー