映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

星野源、花澤香菜、神谷浩史が「夜は短し歩けよ乙女」イベントで出演の喜び語る

894

「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会の様子。

「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会の様子。

夜は短し歩けよ乙女」の完成披露上映会が3月9日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの星野源花澤香菜神谷浩史秋山竜次ロバート)、監督の湯浅政明が登壇した。

森見登美彦の小説をもとにした本作は、星野演じる主人公“先輩”の恋心を描く劇場アニメーション。「四畳半神話大系」と同じく脚本を上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案を中村佑介、主題歌をASIAN KUNG-FU GENERATIONが担当した。

先輩を彷彿とさせるメガネ姿でステージに登場した星野。湯浅から「先輩役を演じてほしい」と直筆の手紙が届いたことを打ち明け、「『マインド・ゲーム』の頃からファンだったので、ぜひやらせていただきたいと思いました」と出演の経緯を語る。湯浅は「現場で星野さんの名前が挙がったときすごく盛り上がったんです。これは星野さんの出演が決まらないとほかが進まないなと思って」と笑顔を浮かべた。

大学時代に原作を読んだという花澤は「『先輩みたいな人、身近にいるなあ』と思ってました」と話し、自身が演じた“黒髪の乙女”に関して「皆さんそれぞれに理想の乙女像を持っていると思うので、この役は責任重大だなと感じました」と述懐。美形で女装癖のある学園祭事務局長に声を当てた神谷は、「四畳半神話大系」のオーディションに落ちていたことを明かし「いつかまた機会があればと思っていたので、本当にうれしかったです」と喜びをあらわにする。

アフレコについて聞かれた星野は「すっごく楽しかったです。『四畳半』は淡々とスピーディに進んでいくイメージだったんですけど、今作は大騒ぎしながらじっくりと進んでいく。皆さんかなりテンションが高い印象でしたね」と回想。また神谷は「女装シーンのアフレコはもともと、機械で女性の声に加工する予定だったんです。でも試しに歌ってみたら思いのほかウケまして(笑)。自分の声そのものが流れるのはありがたいなと思って、精一杯やりました」と振り返った。

最後に星野は「先輩は1から10まで真面目な男で、自問自答を繰り返して遠回りするようなまっすぐな感じが伝わればいいなと。そして、後半に入ると怒涛の展開が待っています。アニメーションの力、人間の想像力って本当にすごいなと痛感する作品です。観ているだけで脳みそが気持ちいいというか。本当に面白い作品だと思います」と本作をアピールし、イベントを締めくくった。

「夜は短し歩けよ乙女」は4月7日より全国ロードショー。

(c)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

映画ナタリーをフォロー