映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

キノフィルムズが「パディントン2」など公開作発表、オダギリジョー「エルネスト」も

164

左から阪本順治、デヴィッド・ハイマン。

左から阪本順治、デヴィッド・ハイマン。

本日3月9日、東京・有楽町朝日ホールにて映画製作・配給会社キノフィルムズの2017年度ラインナップ発表会が行われた。

イベントではすでに公開決定が発表されている「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」「武曲 MUKOKU」「二度めの夏、二度と会えない君」「パトリオット・デイ」「ハクソー・リッジ」「」を映像とともに紹介。

また、「アルプスの少女ハイジ」の実写版「Heidi(原題)」、オドレイ・トトゥベレニス・ベジョメラニー・ロランが共演しトラン・アン・ユンが監督を務めた「Eternity(英題)」、「ターミネーター2」の3D版「Terminator 2: Judgment Day(原題)」、コリン・ファース主演作「The Mercy(原題)」、エル・ファニングカーリー・レイ・ジェプセンらが声優として参加した「Ballerina(原題)」などの日本公開も明らかになった。

チェ・ゲバラとともに反政府ゲリラとして戦った日系人・フレディ前村をオダギリジョーが演じた「エルネスト」の紹介時には、監督の阪本順治が登壇。「大ヒットを目指して、今さらだけど題名を変えようかと思います。フレディ前村がゲバラから『エルネスト』という名前をもらったことにちなんで『君の名は。』でいいんじゃないかな。あとは『シン・ゲバラ』『エ・エ・エルネスト』とか」とヒット作にあやかったタイトルを挙げ笑いを誘った。

2016年1月に公開された「パディントン」の続編「パディントン2」紹介時には、プロデューサーのデヴィッド・ハイマンが登場。ハイマンは「前作にあった温かさやユーモアもあるが、アクションなどさらにパワーアップした部分もあります」と述べ、今回新たにキャストとして加わったヒュー・グラントについて「彼しかいないと思ってオファーしたので、『イエス』と言ってくれたときはうれしかったですね」とほほえんだ。

イベントの最後にはリュック・ベッソンが監督を務めデイン・デハーンカーラ・デルヴィーニュが共演したSF大作「Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)」の映像を上映。閉会後には阪本とハイマンが再登場しフォトセッションに応じた。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

キノフィルムズ2017-2018ラインナップ

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」2017年3月31日(金)より全国ロードショー
」2017年5月27日(土)より全国ロードショー
パトリオット・デイ」2017年6月9日(金)より全国ロードショー
ハクソー・リッジ」2017年6月24日(土)より全国ロードショー
武曲 MUKOKU」2017年6月全国ロードショー
「Terminator 2: Judgment Day」2017年8月全国ロードショー
「Ballerina」2017年8月全国ロードショー
「Heidi」2017年夏ロードショー
エルネスト」2017年10月全国ロードショー
二度めの夏、二度と会えない君」2017年秋全国ロードショー
「Eternity」2017年秋ロードショー
「Their Finest(原題)」2017年秋ロードショー
「Miss Sloane(原題)」2017年秋ロードショー
「Sleepless(原題)」2017年秋ロードショー
「The Midwife(英題)」2017年冬全国ロードショー
「Heartstrings(英題)」2017年冬ロードショー
パディントン2」2018年1月全国ロードショー
「Final Portrait(原題)」2018年春ロードショー
「Valerian and the City of a Thousand Planets」2018年全国ロードショー
「My Blind Date With Life(英題)」2018年ロードショー
「The Mercy(原題)」2018年ロードショー

映画ナタリーをフォロー