映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

リュック・ベッソン

リュックベッソン

パリ及びハリウッドで映画助手を務め、処女長編「最後の戦い」(1983)で高い評価を得る。以来、切れ味鋭い映像作りで新ヌーヴェル・ヴァーグの一員と目されるようになる。「レオン」(1994)でアメリカ映画界に進出を果たした。2006年、7年ぶりに撮り上げた恋愛劇「アンジェラ」を発表。

(C) PIA

リュック・ベッソンのニュース

映画ナタリーをフォロー