映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ねこあつめの家」に忽那汐里がヒロイン役で出演

84

「ねこあつめの家」より、十和田ミチルを演じる忽那汐里。

「ねこあつめの家」より、十和田ミチルを演じる忽那汐里。

ゲームアプリ「ねこあつめ」を原案とする「ねこあつめの家」に、忽那汐里がヒロインとして出演していることが明らかに。あわせて、本作の封切り日が4月8日に決定したことが発表された。

「ねこあつめ」はごはんとグッズを置いておくと、いろいろな猫が庭先に集まってくるアプリ。映画では、スランプに陥った小説家・佐久本勝と庭にやってきた猫たちの交流が描かれる。「映画 ビリギャル」の伊藤淳史が佐久本を演じるほか、劇中にはチョーヤ梅酒「うめほのり」のCMに出演したシナモンや、映画「猫なんかよんでもこない。」のりんごなどの猫が登場。「猫侍」シリーズの原案や製作を手がける永森裕二が企画・脚本を担当し、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の蔵方政俊が監督を務めた。

忽那が演じるのは、佐久本の担当編集者である十和田ミチル。熱血アドバイスを送ることでスランプ中の佐久本をかえって苦しませてしまうという役どころだ。忽那は本作について「決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心に寄り添う、そんなお話です」と説明している。

「ねこあつめの家」は東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

忽那汐里 コメント

こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります。この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化とともに、猫ちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です。

(c)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー