「猫忍」主役猫の金時&友情出演・あなごを捉えた猫尽くしの写真42点

「猫侍」シリーズの製作チームが手がける「猫忍」映画版とテレビドラマ版の新写真が到着。あわせて「猫忍」ドラマ版に「猫侍」で玉之丞に扮したあなごが友情出演することが発表された。

左から「猫忍」ドラマ版に友情出演するあなご、「猫忍」で父上に扮する金時。

左から「猫忍」ドラマ版に友情出演するあなご、「猫忍」で父上に扮する金時。

大きなサイズで見る(全62件)

「猫忍」

「猫忍」[拡大]

本作の主人公は、幼い頃に父親と生き別れた孤独な忍者・陽炎太。ある日、父親と似た雰囲気を持つ太った猫に出会った陽炎太は、忍者の掟を破り人目を避けながら猫を飼い始める。主人公の陽炎太に大野拓朗が扮し、幼少期を鈴木福が演じる。父親の剣山には船越英一郎、陽炎太が出会う猫“父上”には金時がキャスティングされた。監督を務めるのは「猫侍」シリーズの渡辺武

「猫忍」で父上に扮する金時。

「猫忍」で父上に扮する金時。[拡大]

「猫忍」で父上に扮する金時。

「猫忍」で父上に扮する金時。[拡大]

このたび到着した42枚の写真は、あなごと金時の姿を収めたもの。「猫侍」で玉之丞に扮した白猫のあなごは、金時と同じ動物プロダクション・ZOO 動物プロに所属していることから「猫忍」への出演が決定した。同プロダクションの北村まゆみは「金時が撮影中リラックスしていたのは、(主演の)大野さんの安心感からだと思います」「撮影現場では、金時への大野さんの愛が凄く重たかったです(笑)」とコメントを寄せた。

「猫忍」ドラマ版に友情出演するあなご。

「猫忍」ドラマ版に友情出演するあなご。[拡大]

さらに「あなご×金時 主役猫バトンタッチセレモニー with ドラマ『猫忍』レビュアー試写会」の開催が12月23日に決定。あなごから金時へ、主役猫のバトンをつなぐセレモニーを実施し、ドラマ「猫忍」第1話、第2話の世界最速上映も行われる。なお、イベントへの参加応募は作品公式サイトで12月15日まで受け付けるので、ファンは早めに確認しよう。

「猫忍」映画版は2017年に劇場公開予定。テレビドラマ版はtvkほかにて1月より放送が開始される。

この記事の画像(全62件)

(c)2017「猫忍」製作委員会

北村まゆみ(ZOO 動物プロ)コメント

金時は体重が8kgあります。彼の猫人生の中で、MAXは8.5kgだそうです。女性出演者が抱っこするシーンは一人では支えきれないので、私が下から支えたりしました。子役の子が抱っこするシーンはもっと大変ですね(笑)。立ちは無理なので、座りでお願いしたり……。動物作品は、共演する方のキャラクターがとても大事なんです。金時が撮影中リラックスしていたのは、(主演の)大野さんの安心感からだと思います。撮影当初は私が大野さんから金時を受け取ろうとすると、人間の赤ちゃんみたいに手を出してきたんですが、撮影が進むにつれて大野さんに抱かれたままということが多くなりました。動物も分かっているんですね。“仕事だから”という空気を出している役者さんには寄っていかないんです。猫は特に顕著なんです。撮影現場では、金時への大野さんの愛が凄く重たかったです(笑)。誉め言葉ですよ(笑)。金時と大野さんはラブラブです(笑)。映像に滲みでてればいいですね。

関連記事

大野拓朗のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 猫忍 / 大野拓朗 / 渡辺武 / 鈴木福 / 船越英一郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。