映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤寛太と美沙玲奈が神社で「イタズラなKiss」ヒット祈願、キスシーンの裏話も

25

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」大ヒット祈願イベントの様子。左から佐藤寛太、美沙玲奈。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」大ヒット祈願イベントの様子。左から佐藤寛太、美沙玲奈。

イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」の大ヒット祈願イベントが本日11月22日に東京・秋葉原神社にて行われ、キャストの佐藤寛太劇団EXILE)、美沙玲奈が登壇した。

多田かおるのマンガを原作にした本作は、ひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになったIQ200のイケメン・入江直樹と、おバカな女子高校生・相原琴子の恋模様を描くラブコメディ。入江を佐藤、琴子を美沙が演じ、その脇を山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生らが固める。

同作の場面写真や大型看板などで装飾が施された神社を訪れた佐藤は「すごい! 参拝しながら名シーンが観られるなんてびっくりしました」とコメント。神社を見回した美沙は「恋愛祈願ができるなんて素敵です。神社へお参りに来る皆さんの思いも叶えばいいなあ」と声を弾ませる。

撮影を振り返り佐藤は「雨の中、琴子にキスをするシーンで、僕が雨男だったからか、本当に雨が降ったんです。おおっ!と思いました。俳優さんがキスシーンに臨むとき入念に準備したり、緊張するイメージだったんですが、僕も美沙さんも直前まで焼肉弁当を食べていて、サプライズ的にキスをするあのシーンとは裏腹に、なんともラフな感じでした」と笑う。その言葉に美沙は「ちゃんとお互い歯磨きもしましたけどね!」と笑顔で返した。

佐藤は、原作者の多田と交友があった監督の溝口稔について「原作の連載中に次週予告として載ったものの、実際に実現しなかった“停電のエピソード”も本作では描かれています。溝口監督だからこそ描けたシーンですよ」と述べる。

最後の挨拶を振られた佐藤は「自分の母が原作世代なんです。直樹を演じるにあたって僕も読みましたが、どの世代の心にも響く名シーン、名ゼリフが盛り込まれている素晴らしい作品だと思いました。王道で、どこまでもハッピーな物語です。たくさんの方々に楽しんでもらえる作品になったと思います」と主演作をアピールした。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」は11月25日より全国ロードショー。続編の「イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~」が2017年1月、「イタズラなKiss THE MOVIE3 ~プロポーズ編~」が2017年春に公開される。なお秋葉原神社での写真や看板の展示は本日11月22日から12月4日まで実施。

(c)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (c)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

映画ナタリーをフォロー