映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「イタズラなKiss」佐藤寛太が忠告「入江みたいな男は絶対やめろ」

117

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」大ヒット御礼舞台挨拶舞台挨拶の様子。左から山口乃々華(E-girls)、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、灯敦生。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」大ヒット御礼舞台挨拶舞台挨拶の様子。左から山口乃々華(E-girls)、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、灯敦生。

本日12月4日に東京・ユナイテッドシネマ豊洲で「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」の舞台挨拶が行われ、キャストの佐藤寛太劇団EXILE)、美沙玲奈山口乃々華E-girls)、灯敦生が登壇した。

本作は多田かおるのマンガ「イタズラなKiss」を原作とするラブコメディ。ひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになった、IQ200のイケメン・入江直樹と、おバカな女子高校生・相原琴子の恋模様を描く。入江を佐藤、琴子を美沙が演じ、琴子に思いを寄せる金之助に大倉士門 、琴子のクラスメイトに山口と灯が扮している。

原作の再現にこだわった本作では携帯電話が登場しないことについて、佐藤は「今は琴子のようにラブレターを直接渡す文化があまりないですよね。携帯を本編で使用しない細かい演出によって、気持ちを伝えるシーンがより生きてくるんじゃないかな」と述べた。琴子からラブレターを手渡しされながらも冷たい反応をする入江の演技については「監督からは、琴子が眼中にないという表現をしてほしいと指示されました」と撮影時を振り返る。美沙が「目が合ったらそらす入江の視界にどうにか入ろうと奮闘した」と話すと、佐藤は「その感じがすごく琴子っぽいよね」と美沙の演技を称賛した。

クールな入江と正反対のキャラクターである“金ちゃん”こと金之助。司会者が客席に「正反対なイケメンの2人ですが、入江派の人?」と呼びかけると、9割方の観客が挙手。金ちゃん派の山口と灯は「えー!」と驚いた様子を見せ、山口は「私はもっとかまってくれる人が好きなんです。入江みたいにクールだと心が折れちゃう」、灯は「私は好きな人にはちゃんと人間扱いされたいかな(笑)」と吐露した。入江派の美沙が「私は冷たい男の子が好きなので」と明かすと 、会場からは賛同の声が。入江を演じた佐藤は「自分が言うのもなんだけど、女友達から入江みたいな男が好きだと相談されたら、絶対やめろって言う(笑)。金ちゃんを薦めますかね」と笑顔で語った。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」は、現在全国で上映中。なお続編である「キャンパス編」は2017年1月、「プロポーズ編」は2017年春に公開予定。

(c)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (c)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

映画ナタリーをフォロー