映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「イタズラなKiss」、佐藤寛太が監督にアドリブ明かされ「めっちゃ恥ずかしい」

46

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」舞台挨拶の様子。左から溝口稔、灯敦生、山口乃々華(E-girls)、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、陣内孝則、大倉士門。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」舞台挨拶の様子。左から溝口稔、灯敦生、山口乃々華(E-girls)、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、陣内孝則、大倉士門。

本日11月26日に東京・TOHOシネマズ 新宿で「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」の舞台挨拶が行われ、キャストの佐藤寛太劇団EXILE)、美沙玲奈山口乃々華E-girls)、大倉士門灯敦生陣内孝則、監督の溝口稔が登壇した。

本作は多田かおるのマンガ「イタズラなKiss」を原作とするラブコメディ。ひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになった、IQ200のイケメン・入江直樹と、おバカな女子高校生・相原琴子の恋模様を描く。入江を佐藤、琴子を美沙が演じ、琴子に思いを寄せる金之助に大倉、琴子のクラスメイトに山口と灯が扮している。

佐藤が「撮影自体は1年半くらい前で、公開を待ち望んでいたのでとてもうれしいです」、美沙が「昨日はそわそわしてなかなか眠れなかったです」と話し、イベントがスタート。本作の魅力を尋ねられた山口は「原作の絵をそのままお芝居に変える試行錯誤をしている映画なので、マンガと照らし合わせると楽しい」と述べ、大倉は「マンガを確認しながら撮影した」と寝癖の位置までマンガに合わせたという監督のこだわりを明かす。陣内は「本来、僕は社会派の俳優。スタニスラフスキーシステムで演じましたので、彫りの深いキャラクターにはなっていると思います」と真顔で語り、「同居恋愛から始まる2人の成長ドラマとして魅力的。面白くできていると思います」と語った。美沙が陣内について「とっても優しくて本当にお父さんのような方でした」と述懐すると、陣内は「寛太くんも美沙ちゃんも俺も3人福岡だから顔立ちが似てるでしょ。決して武田鉄矢みたいなやつが福岡人じゃないですからね!」と言い放つ。

続いて、最近の胸キュンエピソードを聞かれた出演者たち。佐藤は「財布を落としたら小さい子が拾ってくれた」、美沙は「同じマンションで同じ階の小さい男の子がいつも挨拶すると返してくれる」と子供との交流を挙げる。大倉は「撮影のときは見れていない入江と琴子のラブシーンを初めてCMで観たとき」、灯は「映画のイタキスの中で、入江が琴子に勉強を教えるときは強い口調だったのに、ふいに『ちょっとシャーペン貸して』っていうところ! あれは寛太の素なのかなと思うじゃないですか」と伝えると、観客から同意を表すような歓声が一斉に上がる。監督に「あれはアドリブだよね」と明かされた佐藤は「めっちゃ恥ずかしいですね。普段こういうこと言われないんで」と大いに照れながら笑顔を見せた。

最後に溝口が「素晴らしい原作への感謝の思いでこの映画を作りました。死ぬまでイタキスを監督、プロデュースしたい」と宣言し、佐藤が「シリーズを通してそれぞれの役が成長するとともに、僕たちも俳優として成長していくのを楽しんでください」と挨拶し、イベントは終了した。

「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」は、現在全国で上映中。なお続編である「キャンパス編」は2017年1月、「プロポーズ編」は2017年春に公開予定だ。

(c)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (c)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

映画ナタリーをフォロー