映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ダルデンヌ兄弟の最新作「午後8時の訪問者」2017年4月に公開

90

「午後8時の訪問者」 (c)Christine Plenus

「午後8時の訪問者」 (c)Christine Plenus

ジャン=ピエール・ダルデンヌリュック・ダルデンヌの監督最新作「La Fille Inconnue」が、「午後8時の訪問者」の邦題で公開される。

本作は、第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映された人間ドラマ。診療を拒絶した少女が遺体で発見されたことをきっかけに、後悔の念に駆られ彼女の身元を知るために奔走する若き女医ジェニーの姿が描かれる。

ジェニーを演じたのは「水の中のつぼみ」のアデル・エネル。「ある子供」のジェレミー・レニエ、「ダゲレオタイプの女」のオリヴィエ・グルメ、「サンドラの週末」のファブリツィオ・ロンジォーネが脇を固めた。

「午後8時の訪問者」は2017年4月8日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次ロードショー。

映画ナタリーをフォロー