映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「この世界の片隅に」のん、コトリンゴの歌に「心臓をつかまれたみたい」

195

「この世界の片隅に」ライブ付きプレミア試写会の様子。

「この世界の片隅に」ライブ付きプレミア試写会の様子。

本日11月8日、「この世界の片隅に」のライブ付きプレミア試写会が東京・草月ホールにて行われ、監督の片渕須直、声のキャストを務めたのん、音楽を担当したコトリンゴが出席した。

こうの史代のマンガをもとにした本作。戦時中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いてたくましく生きる女性・すずの姿が描かれる。

のんは広島を訪れた際のことを「坂がたくさんありました」と振り返り、「映画を観た地元の方が『方言がすごく自然だった』と言ってくださって安心しました」とにっこり。またコトリンゴの楽曲について、のんが「『悲しくてやりきれない』が流れてくるとコトリンゴさんの声に自分自身の声が共鳴していく感じになって、気持ちが満たされて涙が出てきます」と述べると、コトリンゴは「うれしいです」とはにかんだ。そんな2人を見た片渕が「のんちゃんとコトリンゴさんが話しているのをもっと聞いていたいです。雲に乗ったような、ふわふわとした感じになるんじゃないかな」と口にする場面も。

中盤には、コトリンゴが「悲しくてやりきれない」とエンディングテーマ「たんぽぽ」をピアノの弾き語りで披露。片渕は感動した様子で「完成までに6年かかった映画ですが、その6年分が込められている気がしました」とコメントし、のんは「心臓をぎゅっとつかまれたみたいになりました。息を忘れてしまうほどすごかったです」としみじみと語った。

最後に片渕は「映画に映っているすずさんの周りの世界は、今は(実際に)見られないだけでいつまでもここにある場所のような気がします。すずさんと一緒に空を見上げたり、風に吹かれたりしてみてください」と、コトリンゴは「またすずさんに会いたいな、映画の持つ雰囲気に包まれたいなと思うような映画です」と観客に語りかける。そしてのんが「ぜひエンディングが終わるまで観ていってください!」と笑顔で挨拶してイベントを締めくくった。

「この世界の片隅に」は11月12日より全国ロードショー。

(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ナタリーをフォロー