映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「君の名は。」新海誠と野田洋次郎が互いの“あきらめなさ”に感謝

833

第29回東京国際映画祭にて、「君の名は。」舞台挨拶の様子。左から新海誠、野田洋次郎、Japan Now部門のプログラミングアドバイザー・安藤紘平。

第29回東京国際映画祭にて、「君の名は。」舞台挨拶の様子。左から新海誠、野田洋次郎、Japan Now部門のプログラミングアドバイザー・安藤紘平。

第29回東京国際映画祭のJapan Now部門出品作「君の名は。」が、本日10月27日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映され、監督の新海誠と音楽を担当したRADWIMPS野田洋次郎が登壇した。

現在公開中の「君の名は。」は、東京に住む男子高校生・立花瀧と山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉の恋と奇跡を描く青春劇。神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみらが声を当てた。本作では劇伴だけでなく全4曲の主題歌もRADWIMPSが手がけており、新海は「音楽だけでなく、キャラクターの言葉やモノローグは洋次郎さんに任せてしまえばいいんだと思っていました」と明かす。さらに「キャラクターに言わせたい気持ちってたくさんあるけど、伝わりにくいから詩のような言葉にする必要がある。そこに関しては歌ってくれるだろうと思っていたし、もっと言うと(映画の)タイトルになる言葉も洋次郎さんの歌詞の中にあるんじゃないかと思っていた」と強い信頼を口にした。

一方の野田は「映画の音楽を作るという意識だったので、言葉の伴わない音楽を主眼に置いていました」と切り出し、「言葉が映画を邪魔してしまうんじゃないかと思いつつ、監督の意志を感じました。だから『前前前世』とかは『攻め切ってやろう!』という思いにしていただけたので励みになりました」と述懐。しかし「気持ちとしてはインストゥルメントの曲をやってるときのほうが楽しかったです」と正直に打ち明け、新海を笑わせる場面も。

制作中の話は続き、新海は「映画って瞬間が通り過ぎてしまう表現様式なんだなと。すごく好きなフレーズと画で最高のエモーションを組み立てることができても、すぐにそのシーンは終わって次に進んでいかなければいけない。美しい瞬間があったのに過ぎ去ってしまうことの繰り返しは、映画作りが終わってしまう切なさとも少し重なりました」と胸にあった思いを語る。また観客から終盤の展開について「最初から決まっていたのか?」と質問が飛び出すと、新海は「奇跡が起きる映画を作りたいという思いがあったので、エンディング曲の『なんでもないや』の歌詞をいただいたとき、『いいんだ』という確信を持てました」と明かした。

最後に観客から、自身の望む表現と商業的な部分でのジレンマにまつわる質問が。本作において、「大盛りで受け止めきれないくらいの映画にしたかった」と答える新海。「だからボーカル曲も4曲あったり。音楽側にも過剰な要求がいっていたかもしれませんが……どうでしたか?」と野田に尋ねると、「この映画からあふれ出るようなものは(制作が始まった)2年前の時点で監督から伝わってきていました」と返ってくる。また野田による「“あきらめなさ”は普通の人間ではない感じ。音楽も背景も人物も声も、ひょうひょうとしながらすべての部分においてあきらめない。それが全部出ている映画だと思います」という賞賛に、新海は「あきらめないのは洋次郎さんも同じ。OKと言ってもやり続ける」と言い返す。野田は「監督に触発されてしまいました。一緒に作っているんだという意識を持たせてくれたので余計に、監督がOKを出しても、その先に光が見えたらこっちも下がらずに行けました」と、新海から受けた刺激に感謝を示した。

(c)2016「君の名は。」製作委員会

映画ナタリーをフォロー