黒沢清と竹内結子、「クリーピー」イベントで西島秀俊の“代理人”にダメ出し

195

本日6月28日、「クリーピー 偽りの隣人」のトークイベントが東京・新宿ピカデリーにて行われ、上映後にキャストの竹内結子藤野涼子、監督の黒沢清が登壇した。

「クリーピー 偽りの隣人」トークイベントの様子。左から黒沢清、竹内結子、藤野涼子。

「クリーピー 偽りの隣人」トークイベントの様子。左から黒沢清、竹内結子、藤野涼子。

大きなサイズで見る(全28件)

「クリーピー 偽りの隣人」

「クリーピー 偽りの隣人」[拡大]

「クリーピー 偽りの隣人」は、西島秀俊演じる犯罪心理学者・高倉とその妻が、香川照之扮する奇妙な隣人・西野に翻弄され、深い闇へと引きずり込まれていくさまを描いたサスペンススリラー。竹内は高倉の妻・康子、藤野は西野とともに暮らす少女・澪を演じている。

竹内結子

竹内結子[拡大]

黒沢は「気味の悪い映画をお見せしてしまってすみませんでした」と頭を下げ、「公開から日にちも経っているのにこうしてたくさんのお客様に詰めかけていただき、感激しております」と挨拶。竹内は「今日は上映後のトークということで、盛大にネタバレを交えつつお話しできれば」と話し、藤野は「映画を観た友達には『観終わったあとに、香川さんが隣にいるんじゃないかと思っちゃう』と言われました」と述べる。

黒沢清

黒沢清[拡大]

竹内の印象について司会に聞かれた黒沢は「本当に舌を巻くというか、完璧に計算された芝居もできるし瞬発力もある。見た目がきれいなので、ついだまされるんですけど、本当に演技派なんですよ」と絶賛。ラストシーンでの竹内のある芝居について、「あれは僕が脚本で指定した芝居ではないんです。康子の心境をぼんやりと書いていたんですけど、テストをやってみたらああなって、現場にいた人たち全員が驚きました」と明かす。

藤野涼子

藤野涼子[拡大]

続いて藤野について聞かれた黒沢は「難しい役だったと思うんです。あんな目に遭っている人の心境なんて想像がつかないから、演出する立場の僕もなんの説明もできなかった。でも藤野さんは肝が据わってるんですね。くせ者俳優たちを目の前にしてまったく動じないし、ただ立っているだけで存在感がある。素晴らしい新人女優に出会えたな、とうれしくなりました」と語った。

藤野は「撮影していないときもずっと澪になりきっていようと思ってたんですけど、休憩のときには西島さんも香川さんも竹内さんも楽しそうにお話しされていて、いいなって思ってました。それでいて竹内さんはいざ撮影となると切り替えがすごく速いんです」と先輩女優の竹内を称賛。竹内は「ずっと役になりきることも大事だけど、ずっと康子のままでいたらうつみたいになっちゃうかもしれないし。役は役、自分は自分と割り切ったほうが演じやすかったんです、今回の場合は」と述べた。

イベントの終盤に実施された質疑応答では、客席に座っていた西島のモノマネで知られる虹岡誠が質問をし、登壇者や来場者を驚かせる場面も。「僕こと西島さんの悪いところ、よかったところは?」という虹岡の質問に黒沢が「悪いところなんてなかったです。ただ強いていえば、西島さんは撮影の合間に大笑いしすぎかなと(笑)。こっちは怖いカットを撮っているのに向こうで大笑いをするんですよ」と暴露。竹内が「西島さんの笑い声が止まらないということはほかの映画の現場でも体験しているので、『本番中は笑わないようにしてください』って思います(笑)」と釘を差すと、虹岡が西島の代理で「了解しました」と答えて笑いを誘った。

「クリーピー 偽りの隣人」は、全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全28件)

関連記事

竹内結子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「クリーピー」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 クリーピー 偽りの隣人 / 竹内結子 / 藤野涼子 / 黒沢清 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。