映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福山雅治、ジョン・ウー監督作「追捕」イベントで「アクション撮影が楽しみ」

644

「追捕 MANHUNT(原題)」プレスイベントの様子。左から福山雅治、ジョン・ウー、チャン・ハンユー。

「追捕 MANHUNT(原題)」プレスイベントの様子。左から福山雅治、ジョン・ウー、チャン・ハンユー。

ジョン・ウーが監督を務め、福山雅治と「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーが主演する「追捕 MANHUNT」が大阪でクランクイン。6月17日に大阪・あべのハルカスにて同作のプレスイベントが実施され、ジョン・ウー、福山、チャン・ハンユー、國村隼池内博之、チー・ウェイ、桜庭ななみTAO、ピーター・ラムが登壇した。

香港と中国の合作である本作は、1976年に公開された高倉健主演作「君よ憤怒の河を渉れ」の原作である西村寿行の小説を再映画化するもの。無実の罪を着せられた国際弁護士ドゥー・チウをチャン・ハンユー、ドゥー・チウを追う敏腕警部・矢村聡を福山が演じる。全編にわたって日本でロケが行われ、「スワロウテイル」「ヘイトフル・エイト」のプロダクションデザイナー・種田陽平が美術監督を務める。

福山は本作について「誰かのために自分を犠牲にしてでも成し遂げたいことがあり、正しいことをまっとうしようとする男たちの正義を描いています。その物語をジョン・ウー監督が撮るのですから、僕が観客だったとしても『観たい!』と思います。そして観客としてはやはりアクションに期待します。早く作品が観たいです」とコメント。また「常にトレーニングはしてきましたが、ここまでのアクションは経験がないので今後の撮影が楽しみです」と意欲を見せた。

ジョン・ウーは福山を「非常に風格があり、さまざまな可能性を無限に感じさせながら、同時に非常に思いやりにあふれているところが魅力です。世界に通じる歌と演技の才能を持っています」と絶賛する。またチャン・ハンユーは「福山さんの出演されている作品はかなり観ていました。お会いしてみて、とてもクールで優しい方だと思いました。役に対して真剣な態度で向き合っているので、とても尊敬できます」と語った。

「追捕 MANHUNT」は10月にクランクアップ予定。中国では2018年春、日本では2018年中に公開される予定だ。

福山雅治 コメント

今回の映画出演のきっかけは?

昨年秋くらいかと思いますが、ジョン・ウー監督からオファーをいただき、快諾させていただきました。以前CMでご一緒させていただいたことがありましたが、監督の映像世界にはぜひ参加したいと思っていましたし、オファーを断る理由はありませんでした。監督の映画は、どの作品にも心に残る名シーンがあります。その映像世界に恥じないよう、1つひとつのシーンに真摯に向き合っていきたいと思います。

ジョン・ウーとの仕事について

非常にクリエイティブな現場だと思います。監督が頭の中でイメージされている表現は無限大で、これができない、あれができないということは多分ないんだと思います。こういったものが撮りたい、もっとこうしたいああしたい、といった監督の理想を実現するのが我々に与えられた仕事だと思っているので、それに応えられるよう演じることができればと思います。それに、監督は演者にすごく優しく気を遣ってくださります。アイデアがあれば積極的に欲しいと言ってくれるし、演者のクリエイティビティとコンディションを最優先に考えてくれます。

チャン・ハンユーの印象

チャンさんはすごくダンディですね。普段から葉巻を吸われていて、僕もたまに吸うのでどんな銘柄が好きか興味があります。男らしく力強い印象で、お芝居もすごくパワフル。でもパワフルなだけではなくて、力強さと繊細さが同居したお芝居をされるんではないかなと想像しております。チャンさんと一緒にこの作品で化学反応を起こしていきたいと思います。

どのような映画になると思うか

本作は誰かのために自分を犠牲にしてでも成し遂げたいことがあり、正しいことをまっとうしようとする男たちの正義を描いています。その物語をジョン・ウー監督が撮るのですから、僕が観客だったとしても「観たい!」と思います。そして観客としてはやはりアクションに期待します。早く作品が観たいです。中国と香港と日本でやり方や慣習は違いますが、それぞれのよいところを反映し現場で化学反応を起こしていけば、間口が広く奥行きのある作品になるのではと思います。

アクションについて

常にトレーニングはしてきましたが、ここまでのアクションは経験がないので今後の撮影が楽しみです。

今後の中国進出について

映画出演についてもいい話があればぜひとも参加したいですし、音楽についても何年も前から中国でのコンサートをやりたいと思っていて、実際に計画も立てています。コンサートでも早く皆様にお会いしたいですね。

ジョン・ウー コメント

大阪での撮影について

今回たくさんの重要なシーンで、大阪のさまざまなスポットが登場します。どこも普段は映画のロケなどできない特別な場所です。この映画を通して、基本となるストーリーはもちろん、この大阪という街の温かさや美しい街並みを描き出したいと思っています。

福山雅治との仕事について

以前CMの撮影でご一緒しました。彼は何事にも真摯に打ち込む素晴らしい俳優です。そのときはダイナミックで難しいアクションをお願いしましたが、すべて完璧にこなしてくれました。彼は非常に風格があり、さまざまな可能性を無限に感じさせながら、同時に非常に思いやりにあふれているところが魅力です。世界に通じる歌と演技の才能を持っています。歌においても演技においても、自身の信念を持って挑んでいる点でとても偉大です。この作品で彼が演じる役は、思慮深く、熱い心を持った人物です。彼はこの役を必ずこなしてくれると思います。

映画の魅力について

この映画の最大の魅力は、出演者にあります。福山さん、チャン・ハンユー、チー・ウェイ、そしてその他の出演者も皆素晴らしい。ドゥー・チウはあることがきっかけで命の危険に晒されますが、物語が進んでいくうちに矢村に助けられる。この2人は言葉の違い、国の違い、立場の違いからお互いぶつかり合いますが、最後は何にも代えがたい友情を手に入れる。私はこの映画で、友情や愛などエモーショナルな部分を特に描き出したい。以前の映画で言うなら、「男たちの挽歌」シリーズのような熱さを出せればいいなと思っています。

チャン・ハンユー コメント

福山雅治の印象

福山さんの出演されている作品はかなり観ていました。お会いしてみて、とてもクールで優しい方だと思いました。役に対して真剣な態度で向き合っているので、とても尊敬できます。今回共演できることを非常に楽しみにしています。

日本での撮影について

ここ2日間の撮影が夜遅くまで続きかなり大変だったのに、エキストラの方々が非常に真剣に参加してくれていたことです。日本の皆さんがどんな仕事にも真剣に向き合ってくれることに感動いたしました。

映画ナタリーをフォロー