映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

浅野忠信、アジア映画の出演が決定!?桜庭ななみや行定勲とAPNアワード受賞

50

APNアワード授賞式の様子。左から浅野忠信、桜庭ななみ、行定勲。

APNアワード授賞式の様子。左から浅野忠信、桜庭ななみ、行定勲。

本日10月26日、第29回東京国際映画祭の一環としてAPNアワード授賞式が行われ、受賞者の浅野忠信桜庭ななみ行定勲が登壇した。

これは、アジア太平洋地域の映画プロデューサーたちの親交を目的として2006年に発足した団体APNが実施するアワード。同エリアの映画産業に貢献した映画人をたたえるもので、これまでにチョン・ドヨン、ユン・ジェギュン、松山ケンイチらが受賞している。

アジア各国のプロデューサーが詰めかけた会場で浅野は「僕はモンゴルに行って台本2冊分のモンゴル語を覚えた。どの国の言葉でも同じことができると思うので、役をもらえればいつでも行きます」とアピール。「こうやってたくさんのプロデューサーの方々に集まっていただき、このような素晴らしい賞をもらえて、たくさんの人がこれから僕と映画を作ってくれることが決まったのがとてもうれしいです」と冗談を交えながら喜びを明かす。

中国語、韓国語を話せる桜庭は「語学が実を結んでくれたのか、今年は台湾のドラマや日韓合作の映画、そしてジョン・ウー監督の最新作に参加することができました。アジアの先輩方との共演は刺激的で、私の大きな財産になりました。演技はもちろん、語学も学んでアジアの作品に挑戦していきたい」と思いを述べる。また中国語、韓国語でそれぞれ挨拶すると会場のプロデューサー陣から喝采を浴びた。

行定は「最近の僕のテーマは越境するということだった。違う国で新たな自分を見つけ出すことを目指していた。だからこの賞をもらえたことが励みになります」とスピーチ。「なぜ越境するのかというと、日本では企画が通らないから」と笑い、「そんなとき海外だなと思い、映画祭の企画マーケットを回って漕ぎ着けたのが『真夜中の五分前』という映画だった」と振り返る。続けて「海外で仕事をすることは、自分の理想を覆されることだと思います。でも思い通りにならないからこそ新しい道が見つかる。それを海外のスタッフ、キャストと仕事をすることで学べました」と述懐した。

映画ナタリーをフォロー