映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

宮沢りえ「ジャングル・ブック」でオオカミの声担当、主人公へ注ぐ母性愛に共感

34

ディズニー実写映画「ジャングル・ブック」の日本語吹替版で、主人公に深い愛情を注ぐオオカミ・ラクシャの声を宮沢りえが担当することが明らかになった。

本作は、ノーベル賞作家ラドヤード・キプリングの児童文学をもとにした冒険エンタテインメント。ジャングルで育った人間の少年モーグリと、彼を取り巻く動物たちの物語を描く。監督は「アイアンマン」のジョン・ファヴロー。英語版ではラクシャの声をルピタ・ニョンゴが担当した。

松本幸四郎が声を当てたクロヒョウのバギーラから、赤ん坊のモーグリを預かるラクシャ。宮沢はラクシャについて「強いものとか権力のあるものへの正義感、弱いものを守る正義感は、私と共通するところがあるかもしれません」と印象を語る。さらに「私も娘がおりますし、愛情を日常の中で注いでいる毎日なので、そういう意味では愛の深さを理解できました」と、ラクシャの母性愛に共感した様子。

本作の映像美と動物たちの迫力に驚いたという宮沢は「ジャングルという世界の掟だったり、愛情だったり、いろいろなストーリーが含まれていますが、今を生きる私たちに共通する場面がいっぱいあるなと感じました」と感想を述べ、「私の生きるうえでの原動力は、好奇心と愛。この2つが満たされていれば、どんな世界でも生きていけると思います。けっこうワイルドな生活は好きなので、(ジャングルの中でも)意外といけると思いますよ」と笑った。

ラクシャの声だけでなく、予告編ではナレーションを担当している宮沢。最後に「美しくダイナミックで、生命力にあふれた映画になっています。吹替を担当させていただいている間、何度も鳥肌が立ちました。観に行った方がきっとエネルギーをいっぱいもらえる作品です」と作品をPRした。

「ジャングル・ブック」は8月11日より全国ロードショー。

(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー